趣味の書道・京都・写真をつれづれなるままに
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/?overture" target="_new

2014年02月13日 (木) | 編集 |
京都はお寺が多い町だ。(今さら改めて言うことではないか。)
JR京都駅の周辺にも、いくつかのお寺が点在する。
正面を出てすぐ近くに、西本願寺と東本願寺。
駅裏には東寺がある。

お寺につきものといえば?
ズバリ「ハト」だ!(決まったか?)

大きなお寺であれば、必ず目にするほどハトがいる。
愛くるしい姿で人懐っこく近寄ってきて餌をねだる。
群れをなしてくると、ちょっと怖い時もある。

平和の象徴で、おとなしいハトだが、困ったこともある。
糞公害だ。
また最近では、鳥インフルエンザの媒介も懸念されているようだ。

では、周囲がお寺だらけのJR京都駅でハトを見かけるだろうか?
あの巨大な建物は、ハトにとっては巣を作り放題のはずなのに、
全く見かけない。何故か?

ハト対策が施されているからだ。
「クリーンフェンス」というステンレス製の極細線を張り巡らせてあるようだ。
遠目からは目立たないらしい。

「クリーンフェンス」についてはこちら
http://www.wako-go.com/pc/contents17.html

そういうハト対策を知っている私が、2月7日、
京都駅で帰りの電車を待っていた。
すると足元のホームに「バサバサバサ」と2羽のハトが…。
「ええっ!」

京都駅が出来て約17年…。
ハトも学習したということだろうか。
(JR西日本さん、侵入されてますよ〜っ。)

IMG_0501.jpg



スポンサーサイト
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-97.html

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。