趣味の書道・京都・写真をつれづれなるままに
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/?overture" target="_new

2014年01月10日 (金) | 編集 |
雪

もじの素(風味豊の筆文字)

今朝の情報番組「おはよう朝日です」で、京都の町中の映像が流れた。
見れば、雪景色ではないか。
思わず、駅へ行き乗車券を買って京都へ向かおうかと思った。

それぐらい、京都の雪景色は私の憧れだ。

1度は見たいのが、雪に染まった金閣寺。
カメラに収めたいと願っているが、ここ10年で1度も実現していない。

思い出されるのが2010年の12月31日、京都は雪だった。
午前9時ごろ、私は東山区の維新の道という長い坂を、
うっすら積もった雪を踏みしめ上っていた。(気分は勤王の志士だ。)

目指すは霊山護国神社(りょうぜんごこくじんじゃ)。
坂本龍馬の墓だ。

その年、福山雅治主演の大河ドラマ「龍馬伝」が大ヒットした。
龍馬ファンの私はドラマを見て、「1年の〆は龍馬の墓で」と決めていた。
ちなみに、ドラマを見続けるうちに私は福山雅治のファンにもなっていた。
(感化されやすい私だ。)

坂で2回コケながら、龍馬の墓に辿り着き、振り返ると京都の町が見渡せた。
八坂の塔も京町家も静かに降る雪にけぶって見える。
忘れられない光景だ。

その景色を見ながら私は気づいた。

カメラを忘れてきたことを。

ショックに打ちのめされて帰宅して、また気づいた。

iPhoneを持っていたことを。(撮れたやん!)
スポンサーサイト
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-84.html

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。