趣味の書道・京都・写真をつれづれなるままに
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/?overture" target="_new

2013年12月25日 (水) | 編集 |
IMG_0334.jpg

「年末までに済ませておくことが多いほど、正月は楽しい」私の持論だ。
その一つ、京都南座の顔見世興行に昨日、行ってきた。

毎年、南座に通って10年。
これで私もいっぱしの歌舞伎通と言いたいところだが、トンでもない。
まだまだだ。

京都四条河原のたもと南座に、
興行を告げる役者名の板が掲げられると、冬も本番だ。
通称「招き上げ」と呼ばれるこの行事は京都の冬の風物詩となっている。

今年は、私の大好きな片岡仁左衛門が休演で、寂しかったが、
市川猿之助、市川中車(香川照之)、片岡愛之助らの舞台で楽しませてもらった。

昼の部、最後の「義経千本桜」はすごかった。
ざっくり言うと、キツネが人に化けた話だ。(ざっくり過ぎか?)

市川猿之助が、キツネから人に早変わりをするわ、
床下や欄間や花道の下から出てくるわで、ケレン味たっぷりの舞台。
最後は宙乗りだ。3階席まで吊り上がり、花吹雪が落ちてきた。

歌舞伎はエンターテインメントそのものだ。
さて、大掃除の続きをするか。(まだ途中だ。)

ちなみに、下は一昨日書いた謹賀新年。
無性に書きたくなったので書いてみた。

IMG_0326.jpg


スポンサーサイト
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-80.html

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。