趣味の書道・京都・写真をつれづれなるままに
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/?overture" target="_new

2013年12月17日 (火) | 編集 |
ミニ門松

また、ミニ門松を買ってしまった。
正月に飾るつもりだが、撮影用の小道具でもある。
これで我が家には、大きさの違うミニ門松が6体もある。
(1軒には明らかに多すぎる数だ。)

見ると、つい買ってしまう。
年末気分に浮かれてふらふら〜っと。気がつくとレジに並んでいる。
門松を持って…。(もう止めようと思う。)

新年を迎える前に、その土地、その家なりの習慣があるだろう。
昔、我が家では、祖父が餅切りをしていた。

年末に、餅米を近所の和菓子屋に持ち込んで餅をついてもらう。
特別なことではない。当時はどこの家でもしていた。
何日かして届いた餅は板状で、これを祖父が適当な大きさに切り分けた。
それを見ると子供心に正月が近いと感じたものだ。

それがどうだ。今では餅は1個づつ袋入りだ。(寂しい…。)

年越しそばも、昔はダシと麺を別にして出前したそうだ。
商売をしている家は大晦日まで忙しく、食事の暇もない。
使用人らが空いた時間に自分で暖めて食べられるようにしていたのだとか。

そんな古い伝統を大事にしたい私は、年越しそばは親戚のそば屋で、
ダシと麺を譲ってもらっている。
餅は、大晦日に京都の祇園にある鳴海屋で買う。

ここの餅が小ぶりで旨い。おすすめだ。
八坂神社にほど近い。

<鳴海屋>
http://www.gion7638.com/
〒605-0074 京都市東山区祗園石段下南入西側
営業時間/平日:午前8時〜午後6時
     日・祝日:午前8時〜午後5時
定休日/水曜日

スポンサーサイト
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-77.html

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。