趣味の書道・京都・写真をつれづれなるままに
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/?overture" target="_new

2013年11月30日 (土) | 編集 |
IMG_0283.jpg

やってみたいことがある。歌舞伎の「大向こう」だ。
「中村屋~っ」とか「成田屋~っ」とか言う、あれだ。

単に、声を掛ければいいというものではない。(甘くみてはイカン)
私も歌舞伎ファン(にわかファン)だが、恐ろしくてやったことがない。

「大向こう」が出来るのは相当歌舞伎を見ている人たちだ。
役者の演技のタイミングを見計らって掛ける。
下手なタイミングだと、役者が乗れない。芝居をぶち壊すらしい。

関西には「初音会」という大向こう団体があり、劇場には顔パスで入れる。(いいなぁ~)
「この人たちも、舞台をつくる一員」という扱いだ。
ビデオを見ながらタイミングや声のトーン、大きさを勉強されているらしい。
(経験が必要だが、それでも、やってみたい)

今日、30日から京都南座で歌舞伎の顔見世興行が始まった。
南座玄関に役者名を書いたまねき板が掲げられると、冬本番だ。

私の初歌舞伎は10年前。
「雪暮夜入谷畦道(ゆきのゆうべいりやのあぜみち)」を見てハマった。
花道の出入り口の真横で見た。
あまりに近いのでカーテンの奥から「じゃ、いきます!」という、スタッフの声まで聞こえた。

「シャッ」とカーテンが引かれ、立っていたのが片岡仁左衛門だった。
距離にして30センチ。見上げた瞬間「江戸だ!」と思った。

直次郎という小悪党役。喧嘩が強くて、粋な色男。当然、モテる。
(かっこ良すぎるやろ。仁左衛門!)

歌舞伎には男と女の理想型が出てくる。
例えば玉三郎の女形は、
美しく、色っぽく、かわいく、賢く、スマートで、不幸の匂いまでする。
男が女性に求める全ての要素を詰め込んだ造形になっている。
(現実にいるわけがない人間を作り上げる歌舞伎はスゴイ!)

今年も12月に見に行くつもりだが、仁左衛門が出ていないのが残念だ。

その代わり、半沢直樹の黒崎統括官役の片岡愛之助と大和田常務役の香川照之(市川中車)が出ている。
なんか変な感じがするな。
スポンサーサイト
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-72.html

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。