趣味の書道・京都・写真をつれづれなるままに
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/?overture" target="_new

2013年10月26日 (土) | 編集 |
唐突に京都の二条城へ行ってしまった私。
念願の修復されたばかりの唐門を見、収蔵館の畳に正座し、障壁画を鑑賞できた。
(ここまで、前回のおさらい。刑事ドラマで犯行手口を解説するのと同じ演出手法だ。)

二条城を出て、地下鉄・二条城前駅3番出入り口すぐ近くにある「キムチのミズノ」を訪ねてみた。
久しぶりの再訪だ。

IMG_0221.jpg

実は、私は、キムチが苦手だ。ニンニクが嫌いなのだ。
「なら、買うな」と突っ込まれそうだが、そんな私でも食べられるキムチだ!!
(伝わったかな?)

ここのキムチには新鮮な野菜やフルーツがたっぷり使われていて、もちろん手作り。
馬鹿みたいに辛いキムチとは違い、フルティーで爽やかな辛さを感じる。
ニンニク臭さも少ない。

テレビや雑誌にガンガン紹介されている人気店なのだ。
でも、店は非常に狭い。(大きなお世話か?)

店がオープンすると同時に入店。白菜キムチとチャンジャを買った。
キムチ好き、キムチ嫌い、どちらにもおすすめだ。

<キムチのミズノ(キムチ屋ドットコム)>
〒604-8304 京都市中京区黒門通御池上る織物屋222-1
営業時間10:30~19:00
TEL075-822-6327 FAX075-821-0687
フリーダイヤル0120-959-717
定休日/毎週水曜日
http://www.kimchiya.com/


キムチをお土産に、次に行ったのがマルイの8階にある美濃吉四条河原町店だ。

IMG_0222.jpg

私はここのメンバーズカードを持っている。
美濃吉は京料理の名店で、入会金もさぞや高いと思われるかもしれないが、1000円だ。

会員になると、美濃吉各店で食事が5%引きになる。さらにひと月に1枚、飲み物券が送られてくる。
この券で日本酒、生ビール、ウーロン茶、グラスワインなどの内1つが、2人までタダになる。
しかも、会員割引との併用が可能なのだ。

ということは、2100円の京弁当を食べ、生ビール1杯(450円ぐらい?)を飲んでも1995円。
さらに、5%引きのサービスは同伴者にも適用される。
私が友人の支払いを取りまとめれば、友人も5%引きになるのだ。

<京懐石 美濃吉>
http://www.minokichi.co.jp/

IMG_0224.jpg

旅の終わりに京都国立博物館の「魅惑の清朝陶磁」展を見てきた。
焼き物の価値など、全く分からない。分からないのだが、見るのは好きだ。
今回も目の保養と思って眺めてきた。

<魅惑の清朝陶磁>
平成25年10月12日(土)~12月15日(日)
開館時間 午前9時30分から午後6時まで(入館は午後5時30分まで)
一般 1300円(1100円/1000円)
大学・高校生 900円(700円/600円)
中学・小学生 400円(300円/200円)
*( )内の料金は前売り/団体20名以上

http://www.kyohaku.go.jp/jp/index_top.html

スポンサーサイト
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-60.html

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
京都市中京区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
2013/10/27(Sun) 09:12:49 |  ケノーベル エージェント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。