趣味の書道・京都・写真をつれづれなるままに
2013年09月17日 (火) | 編集 |
10月17日から20日まで、
プラザ萬象で第53回「市民文化祭」~総合展示~が開かれる。
私が通う書道教室からも何人か出品予定だ。

私は「市民文化祭」は全く意識せずこの2カ月、
東京奎星展と福井県総合美術展への出品を目標にして、ひたすら書いてきた。

その2作品も1週間ほど前に書き上げ、出品票とともに送るまでにこぎつけた。
「この2つの公募展が終われば、年内はのんびりできる」と考えていた。

先日、教室へ顔を出した際、「市民文化祭」出品者名簿を見せられた。
そこに私の名前が…。
誰かが軽い気持ちでリストに加えたのだろう。(困ったもんだ)

仕方がないので、土曜日に教室へ出向いて書いてきた。

IMG_0197.jpg

それがこれだ。「雲遊」と書いてある。
意味は、浮き雲のようにあちこち漂いながら修行を繰り返すことだそうだ。
スタイルは草書体。硬い毛(山馬 さんば)と柔らかい毛(鶏)の筆2本を束ねて持ち、書いている。
紙は比較的、滲みやすいものを使用。墨は起業秘密だ。

IMG_0200.jpg

「遊」の文字のアップ。平たく書いて、「雲」と高低差をつけて作品に表情を出してみた。
成功したかどうか分からない。あとは師匠に見せるだけだ。

これで終わりかと思ったら、年内に社中の男だけの作品展の話が…。
喫茶店でやるらしい。(もう、勘弁して。)
スポンサーサイト
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-46.html

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック