趣味の書道・京都・写真をつれづれなるままに
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/?overture" target="_new

2013年09月14日 (土) | 編集 |
昨日(13日)、来年の年賀状に使う干支、馬を探しに京都へ行ってきた。
訪れたのは藤森神社だ。

京都駅からJR奈良線に乗り換え8分。
藤森駅から長い坂を下り、京都教育大の正門を横切り計7分で到着した。
つくつくぼうしが元気に鳴いている。
暑い!京都の予想最高気温は35度。9月中旬でもまだ猛暑日か!

IMG_4317.jpg


この神社は馬との縁が深い。5月5日には曲芸馬術を披露する駈馬神事(かけうましんじ)が行われている。
競馬関係者の信仰厚く、紫陽花が奇麗な神社としても知られる。

お目当ての馬の像はすぐに見つかった。
試し撮りしてみる。これではつまらないので、像の周りをぐるぐる回っておもしろいアングルを探した。
ちょっと奇をてらった角度で撮影、それを年賀状で使うことにする。

ここでの撮影は1時間ほど。
京都駅に戻り、早めの昼食にする。


IMG_4301.jpg

<藤森神社>
京都市伏見区深草鳥居崎町609
TEL 075-641-1045
http://www.fujinomorijinjya.or.jp/

お目当ては伊勢丹にある京都の高級料亭・和久傳がプロデュースしたお手頃和食の「はしたて」だ。
何度か店の前まで行ったが行列の多さに断念してきた。今日こそ味を確かめてやる!

IMG_0185.jpg

何じゃこりゃ?よりにもよって今日まで休業!?
私の旅にこういうことはよくある。
昔、先斗町で大人向けの落ち着いた喫茶店を探し出したら、店の前に張り紙がしてあり、2日前に潰れていた。
店の定休日だったことも多数。
全ては私のツメの甘さが原因だ。(そろそろ学習したほうがいいな)
しかたがないので伊勢丹地下のカレーのサンマルコでビーフカレーをいただき、第2の目的地龍安寺へ。

IMG_4386.jpg

青もみじが美しい龍安寺の石段。日陰が涼しかった。
秋が深まればここは紅葉のトンネルになるだろう。

IMG_4365.jpg

4年ぶりに訪れた龍安寺の石庭は外国人観光客と修学旅行生だらけだった。
彼らを画面からカットして撮るのが精一杯。

ここを撮影ポイントに選んだのは、ベタな観光地の1つだからだ。(撮影していないのもあるが)
PIXTAで売れるのは、いかにも京都らしいベタな観光地だということが分かってきた。
私の作品でも清水寺が最も売れている。
さて、撮影してみて、日の向きがあんまりよくないと感じた。秋の方が良さそうだ。
無駄足を重ねてばかりの私だ。(京都に住みたい…。今年も年末ジャンボを買おう)

<龍安寺>
京都府京都市右京区龍安寺御陵ノ下町 13
075-463-2216
http://www.ryoanji.jp/top.html

この後は、京都駅に戻り、しばし休憩してからお土産を買いサンダーバードで帰宅した。

IMG_0196.jpg

完璧なおやじアイテム。

<その他 アルバム>
IMG_0189.jpg

龍安寺に近い、立命館大学衣笠キャンパス。お笑い芸人・サバンナや倉木麻衣の母校だ。
「西の立命、東の慶応」と、経営上の大学改革に成功したお手本と言われている。

確かに、ここは金儲けが上手い。(言い過ぎか? 我が京都にある母校も頑張ってくれ!)
以前、ここは調子にのって自分の大学を「リッツ」などと呼んでいた。
(プッ。ナビスコか!クラッカーか!と私は内心、突っ込んでいた)

とにかく、私の入学を拒否したこの大学が許せない!(行きたかったなぁ…。立命…。)
スポンサーサイト
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-45.html

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。