趣味の書道・京都・写真をつれづれなるままに
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/?overture" target="_new

2013年08月27日 (火) | 編集 |
私は「正月マニア」だ。
こんな言葉があるかどうかは分からないが、お正月が大好きだ。
子供の頃から好きだったが、年をとるにつれてますます好きになった。
正月を迎えるために生きていると言っても過言ではない。

一般的に、迎春準備をだいたい12月中旬から下旬にかけて始めるだろうが、私は違う。
9月上旬あたりから年賀状の準備を始める。

「そんなに早くから何をするんですか?」と言われる。
だいたい、10月初旬には年賀状素材が書店に並び始める。
「だから決して早くない」というのが私の理屈だ。

では、何をするかと言えば、年賀状に使う来年の干支を京都で探すことだ。
8年前から、干支の写真を年賀状にしてきた。
京都にはネズミや猪、虎の狛犬、龍の絵などがある。これを写真に撮り、年賀状にするのだ。
もらった人は結構、喜んでくれる。

ほかにも正月を迎えるために、いろいろなことを課している。
たとえば、毎年、京都の南座で顔見世興行を見る。
宝くじを買う。正月用の酒を買う。30日に大掃除をして、その昼にはモスバーガーを食べる。

大晦日には、京都の神社仏閣を訪ね、お昼はZESTの「白川」で必ずカレーを食べ、錦市場でしめ縄を買う。
高島屋でグラマシーニューヨークのケーキを買い、伊勢丹の地下で年越しそば用のエビ天を買って帰る。
そして自宅で紅白を見て、天ぷらそばを食べる。

ざっとこれぐらい、正月を迎えるまでにやることを決めている。(食うことがほとんどやな)
こうやってテンションを高め、正月を迎えるのだが、問題がある。

あまりにもお正月が嬉しすぎて、終わった後の虚脱感がハンパないのだ。
3ケ日が終わり、正月特番も減ってくるとものすごく寂しくなる。
終わったとたんに「あ〜、早く正月こないかな」と思う。
正月ボケが4月ぐらいまでは抜けない。


スポンサーサイト
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-37.html

コメント
この記事へのコメント
お正月。
こんばんわ。お邪魔します。

お正月に京都の干支の写真。
素敵ですね!もらった方もきっと喜ばれるでしょうね。

年賀状素材も見させて頂きました。
プロの方なんだなと~と感心してしまいました。

お正月の過ごし方が決まっているっていうのいいですよね。
これをしないと年を越せない!って私はなくて…うらやましいです^^




2013/08/28(Wed) 22:28 | URL  | Takako #-[ 編集]
Re: お正月。
Takakoさん、ありがとうございます。
昔から、年末が迫ってくると世の中がなんとなく気ぜわしくなるのが好きなんです。

以前は決めごとは少なかったのですが、どんどん増えていきました。
ちょっとだけ我が家の伝統を決めておくと、お正月が楽しくなりますよ。

京都は古い町なので、昔ながらの習慣やしきたりがありますよね。
例えば八坂神社の「をけら参り」とか。「行ってみたい!」と常々思ってます。

例えばお子さんと一緒に書き初めをしたり、お節を作ったり、初詣に行かれたり、
京都ならではの何かをして毎年お正月を迎えるのは、お子さんの素晴らしい思い出になると思うんですよ。
お子さんが大人になった時、「毎年、母が…」とお正月の度にきっと思い出してくれるはずです。

さあ、今年の年末年始に何かを。おすすめです。
2013/08/29(Thu) 09:27 | URL  | 風味 豊 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。