趣味の書道・京都・写真をつれづれなるままに
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/?overture" target="_new

2013年06月09日 (日) | 編集 |
市民美術展向けの作品が迷走を続けている。
師の批評を受けて書き直してみたが、自信がない。
昼から先生に見せる。「OKください」と祈っている。

先生は全国規模の書道展の審査員でもある。
審査の時は上京して、ホテルと審査会場を往復するだけの日々を過ごすそうだ。

「展覧会効果を考えにゃいかん」
膨大な数の作品を審査するには、1点にかけられる時間はほんの数秒。
そうして入選を決め、その中から入賞作品をじっくり絞り込んでいく。
最初の数秒で、審査員にインパクトを与えなければ入賞は無理だということだ。

大きな書道展で賞なんか獲ったことない。
地元の市民美術展レベルでこんなにもがいとるやもん、しばらく無理やろな〜。

den3.jpg
スポンサーサイト
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-3.html

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。