趣味の書道・京都・写真をつれづれなるままに
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/?overture" target="_new

2016年03月15日 (火) | 編集 |
IMG_4425.jpg

天婦羅うどんを堪能した私は、造形芸大へ向かった。
近くのバス停まで歩き、11時30分ごろの市バスに乗って5分ほどの距離。
12時スタートの説明会に余裕で間に合う計算だ。

鼻歌まじりでバス停のある白川通にさしかかると、雰囲気がものものしい。
警官がやたらと立って交通整理している。
ものすごい渋滞が発生している。

事態が飲み込めず、呆然としていたら、
プラカードを持った人を見つけた。
「全国車いす駅伝大会」と書いてある。

「シェーッ!ピーンチ!」

この交通規制はいつ解除になるのか?迂回路はあるのか?
おろおろ、交差点を行ったり来たりする。

もうじき到着しそうな市バスだが、
渋滞の先に姿は見えない。
そのうちに選手達が、
競技用車いすをすっ飛ばして目の前を通過していった。

「解除も近いかもしれん!タクシーを拾おう!」と思う。
「そう言えばここに来る前、銀閣寺専用駐車場で数台のタクシーを見かけた。あれだ!」
戻りかけた時、先頭から2台目に停車しているタクシーを見つけた。

早速乗り込んで運転手さんに目的地を告げると、
「大丈夫ですよ。すぐに解除になります」という。
言われた通り、数分で解除になり、大学にも定刻ぎりぎりで到着した。

IMG_4426.jpg

滑り込んだ教室は5、60人で埋まっていた。
老若男女である。

説明によると、同大学は通学部約3000人。
それに対して通信部は2倍の約6000人いるそうだ。
こういう大学は国内ではレアケースだ。
だが、欧米では学生の約20パーセントが社会人で、
わが国の2パーセントという数字が異常なのだという。

なるほど。社会人の皆さん、もっと大学に行こう。

「歴史遺産コース」の模擬講義も受けてきた。
私が受講を考えている科目だ。

このコースは、京都の町を教材にしたフィールドワークが他コースより圧倒的に多い。
写経や拓本の学習、古文書の読み取りと修復など、書道と重なる部分もある。
なので同コースを選択するつもりだ。

3時過ぎ、京都駅に向かうため市バス5号系統に乗る。
「充実した一日だった…」
そう思っていたら、運転手の車内アナウンスがミョーに気になりだした。

まず女性の録音声で「次は、烏丸七条(からすまななじょう)です」と流れる。
で、バス停に止まると運転手がマイクで「烏丸七条です」と伝えてくれる。

その運転手はマイクでこう言った。


「はあらは、はあ、はあナス」(意味不明)

嘘では無い!本当にこう言ったのだ。
(「ナス」はたぶん「です」の意であろう。)
もう、こうなると次のアナウンスが気になってショーがない。
ワクワクして待つ。

烏丸六条(からすまろくじょう)に着いた。


「はあらは、はあ、はあナス」

一緒やん!一緒!一緒!どこが違うねん!
マスクをしているらしいが、
にしても何と言っているか全く分からない。

降りる乗客一人一人に「ありがとうございます」と言っているようだ。(これも推定)
それも、


「はあらは、はあ、はあナス」

若干、さっきと抑揚が違うけど…。
やっぱりほとんど同じだ。

京都市バス5号系統、
ロン毛ででかいマスクの若い運転手さん、要チェックである。

彼のお陰で楽しい旅になった。
次回、京都へ行ったら彼を捜そうと思う。


下の写真は「おめん」のちかくにあるカフェ「ゴスペル」。
昨年末、毎日放送で角淳一と渡辺謙の対談が行われた場所。
英国アンティーク家具が置かれている。

IMG_4422.jpg

スポンサーサイト
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-251.html

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。