趣味の書道・京都・写真をつれづれなるままに
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/?overture" target="_new

2016年03月14日 (月) | 編集 |
昨日(3月13日)私は、京都造形芸術大学通信部の、入学説明会に行ってきた。
この春から憧れの「美大生になろうかなぁ」と考えているエエ歳したおっさんの私だ。

ここの大学は、積極的に社会人に門戸を開いている。
通信部は願書だけで入学可能。
数年前から入学を考えていたものの、踏ん切りがつかなかった。
しか〜し、私は遂に決断したのだ。

IMG_4412.jpg

13日、説明会(12:00スタート)前に私は南禅寺を訪れた。
境内を散策して時間をつぶし、
近くの野村美術館で「書を愛でる 茶の湯の掛物」を見るためだ。

IMG_4413.jpg

行楽シーズンにはまだ早いので人影はまばら。
ぶらぶらして水路閣などを見て回った。

IMG_4418.jpg

野村美術館へは一番乗り。私しかいない。
藤原定家や小野道風、石川丈山、本阿弥光悦らの書をじっくり見た。
書は20点と少なめだが、常設展もあり、700円は手頃な入館料だと思う。

IMG_4420.jpg

さて、これをお読みの皆さん、
「ギャラリースコープ」なるものをご存知だろうか。
作品を拡大して細部まで見ることのできる単眼鏡である。
美術館、博物館に行かれる方は是非購入をおすすめする。
焦点距離数十センチまで近づいて見る事が出来る。

私も持っているのだが、間違えて「野外観察用」の単眼鏡を買ってしまった。
野鳥などを観察するタイプだから、焦点距離の長げぇこと、長げぇこと。
数十センチより遥かに遠い2メートル以上離れないと画像にピントが合わない。

早い話、望遠鏡で見ているようなもんだ。
なので、会場では作品との間に人が行き来して何にも見えんのである。

しか〜し、今回は私一人。視界をさえぎる人もいない。
存分に威力を発揮した。
もちろん、2メートル以上離れて見てたけど。

野村美術館を出て、哲学の道を20分ほど歩き、
名代おめん銀閣寺店へ向かう。
11時の開店と同時に入店して、天婦羅つきのうどんをいただいた。

IMG_4424.jpg

京都では有名な「おめん」。初めて食したが、なるほどうまい。
麺にコシがあるし、天婦羅もアツアツだった。

腹ごしらえも済んだし、造形芸大へ向かう。
近くのバス停から5分ほどだ。
「12時の受付には余裕で間に合うな」と、
この時は思っていた。(つづく)
スポンサーサイト
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-250.html

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。