趣味の書道・京都・写真をつれづれなるままに
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/?overture" target="_new

2015年11月13日 (金) | 編集 |
12月9日からの個展へ、準備を進めている私だ。
昨年に続いて2回目の暴挙である。
(あ、皆さん、冷静に。物を投げないようにお願いします。)

昨年11月の初回は、デザイン書道を画廊喫茶で催した。
データ化した筆文字と、私が撮影した写真を合成。
それに「クスッ」とくる一文を添えて並べた。

この個展がまあ、見事に不評に終わった。

師匠からは「ああいう事を、二度とするな。いいか、二度目はないぞ」と言われた。
また、「もっと品のある字を書け」とも。
(師匠、不肖の弟子ですいません。)

今個展で、私が並べるのは山頭火の句だ。
6月から毎日一句書き、フェイスブック(FB)で公開してきた。
その中から気に入ったものをパネルや額に仕立てた。
大作も書き下ろす。総作品数は43点を予定している。

この1年で、私は成長した。
身長が3センチ伸びた。
(信じるな〜! ンな訳ないやろ。)
「ここで笑わな、もう笑うとこないよ」(by 酒井くにお・とおる)

姑息なネタで申し訳ない…。
そういう成長ではなく、見る人を楽しませる事の大切さを理解した。

例えば、私の師匠は作品を屏風にする。
それが展示会場に並ぶとオブジェの様で面白い。

FBで知り合った書友の皆さんからも、学ばせていただいた。
パネルをデザイナーに依頼して、作品を更に引き立てた女性書家。
落款印や墨の色にまで細かい神経を使う人もいた。
さまざまな紙や素材に書き、特殊な墨も使ってよし!
絵や彫金とのコラボもあり。

共通しているのは、「面白い作品を見せる」という強い意思だ。
見る側を意識した作品づくりでもあるし、
サービス精神の現れであるかもしれない。

これまで私は、「紙に書いて終わり」だった。
ところが、まだその先があった。
人に見せるところまでが作品だと、最近ようやくわかってきた。

と、考えて作品づくりをしている私だ。

スポンサーサイト
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-239.html

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。