趣味の書道・京都・写真をつれづれなるままに
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/?overture" target="_new

2015年09月22日 (火) | 編集 |
kv.jpg


先ごろ私は、とんでもないイベントを発見してしまった。
京都太秦で開かれる、


「太秦江戸酒場」である。

オイオイ、笑うなよ。

「江戸」と「酒場」を合体させたイベントだ。
なかなか、この二つを一緒にする発想はない。
考えついたヤツに乾杯(完敗)だ。
「………。」
すいません、ここは笑ってください。
指示出しますから、よろしくお願いします。(酒井くにお・とおるかっ!)

え〜、前振りはこれぐらいにして(長っ!)本題である。
イベント会場は東映太秦映画村。
ここのオープンセットで、江戸時代の京都の夜を楽しみつつ、
酒を飲み、美味しいものを食べるという趣向だ。

太秦の役者たちが、武士や町人、
町娘などの格好で来場者の相手をしてくれるので、
タイムスリップしたかのような楽しさがあるという。
ほかにも、京都の伝統工芸を体験できるコーナーが設けられているらしい。

昨年秋、第1回が催され、大好評につき今春にも開催、
さらにこの秋も開かれることになった伝説の宴である。
それが、10月31日(土)と11月1日(日)の二晩、繰り広げられる。

入場料は一人5,000円。各日700人限定。
webでチケット購入を受け付けている。
詳しくは「太秦江戸酒場」http://www.toei-eigamura.com/edosakaba/

私は残念ながら、10月31日は既に予定が詰まっている。
昨年に続き、今年も無理だ…。
「来年は行きましょ。とおるちゃんっ!」(by 酒井くにお)
すいません、笑ってください。


スポンサーサイト
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-234.html

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。