趣味の書道・京都・写真をつれづれなるままに
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/?overture" target="_new

2015年08月03日 (月) | 編集 |
先の土曜日、地元の公共施設へ書類を提出してきた。
多目的室を借りるための関係書類だ。

とうとう私は暴挙に出た。
昨年に続き今冬、第2回目の個展を開く!と、決めた。
(あ、痛い!すいません、物を投げないようにお願いします。)

昨年11月、私は人生初の個展を地元の画廊喫茶で開催した。
写真と文字を組み合わせた「デザイン書道」を1カ月、展示。
結果は惨憺たるもの。厳しいご意見をいただいて、
自分の未熟さに打ちのめされて終わった。
にもかかわらず…また…。

「お〜ま〜え〜は〜、あ〜ほ〜か〜」である。

このブログでも書いたが、
私は6月から山頭火の句をほぼ毎日書いて、FBで公開している。
書き始めてほどなく、
「ん? これをまとめたら個展ができるんじゃないか?」と、
性懲りもなく思いついたのだった。

なにしろ、作品はどっさりできあがっているわけだから、比較的負担が少ない。
(ズボラな私にはこれが個展を開く一番大きな魅力。)
でも、書き下ろしは何点か絶対必要だ。
(前回の個展で、目玉作品の必要性を学んだ。)

構想は既にある。
山頭火の代表作2点を、大きな段ボールに書く。
(この段ボールがまた、行き場がなく余っていたのだ。)
さらに半切を2点、全紙1点ほど。

先日、師匠に「山頭火の個展を…」とコソッと相談したら、
「山頭火は線が枯れてないとなぁ…。あんたの線は脂ぎってるぞ」と言われた。
「やめようかな」とも思ったが、線が枯れるまで待ってたら、いつになるか分からん。
大体、私なんぞ生きてること自体が恥みたいなもんなので、
「脂ギッシュな山頭火でいいや」と開き直る事にした。

期間は12月9日から13日まで。
(よりにもよって、年の瀬の慌ただしい時に…。)
場所はプラザ萬象だ。詳細は後日。

それより作品だな。
スポンサーサイト
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-229.html

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。