趣味の書道・京都・写真をつれづれなるままに
2015年04月30日 (木) | 編集 |
不覚だ!京都通の私とした事が…。
こんなに素晴らしい企画展を知らなかった。
関西にお住まいの方は、このゴールデンウイークに行かれてはどうだろう。

京都の六道珍皇寺で昨日から、
「中島潔 地獄心音図完成特別公開-親から子へ、いま伝えたいこと-」が始まった。
5月6日まで開かれている。

nakaimage.jpg

拝観時間は午前9時~午後4時
拝観料:500円(高校生以上)/300円(中学生)/
小学生以下 無料(保護者同伴)

中島潔さんは「風の画家」として知られる。
NHKのみんなの歌にアニメーションが使われた事もあるので、
ご存知の方もいるかもしれない。
かわいい子供達とノスタルジックな画風が特徴だ。

その中島潔さんが地獄絵「地獄心音図(じごくこころねず)」を完成させ、
六道珍皇寺に奉納した。
「日本の美しいこころを伝えていきたい。この世紀に生まれた画家として、
新しい地獄絵を見てもらいたい」という想いを地獄絵に込めた。

中島さんは5年前にも、清水寺の奥の院・成就院に襖絵46枚を奉納している。
それは、大病を患った中島さんが、命のきらめきとはかなさを表現したものだ。
NHKで紹介されて大反響を呼び、全国で巡回展が開催された。

私ははっきりいって中島さんの画風はあまり好きではない。
ごめんなさい。
だが、この襖絵は見たい!
今までとは違うタッチで書かれている。
3回ほど成就院に足を運んだが結局見ていない。

今回の地獄絵だが、ゴールデンウイークはなぁ…。


スポンサーサイト
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-215.html

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック