趣味の書道・京都・写真をつれづれなるままに
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/?overture" target="_new

2015年02月09日 (月) | 編集 |
このあいだの土曜日(7日)、京都へ行った。

お色直しをした宇治の平等院鳳凰堂と、
FBで知り合った書友の方を訪ねる旅だ。

本来なら昨年末、平等院で写真を撮るはずだった。
ところが、途中で私はカメラのコンパクトフラッシュを忘れたのに気づいた。(一生の不覚!)
武士なら、戦場に赴くにあたり刀を忘れたようなもんだ。(大袈裟?)

コンパクトフラッシュを買うのに、すったもんだして時間をロスし、
平等院へ行けずじまい…。
私は、悲嘆に暮れて年を越したもんだ。(大袈裟?)

それから約1カ月、時は来た!準備万端で、平等院へ向かった。

当日は好天に恵まれ撮影日和。いい写真が撮れた。

IMG_2005.jpg

写真は、3年に及ぶ修理が最近終わったばかりの鳳凰堂。
平安時代に人々が目にした姿の朱塗りの極彩色が復元されている。
この春、京都旅行におすすめのスポットだ。

こちらには、宝物を展示した鳳翔館と言う施設がある。
ここは是非見てほしい。間近に屋根の鳳凰や仏像が見られる。

ただ、私が注目したのは写真家・土門拳が写した、
夕焼けを背にした屋根の鳳凰の写真だ。
これには印象的なエピソードがある。

一通り平等院の撮影を終えて、帰りかけた土門拳の撮影隊一行。
土門が振り返ると、夕焼けに鳳凰のシルエットが…。
「カメラをよこせ!」
弟子をどやしつけた。
その間にも刻々と夕焼けは変化する。
「早くせんか!」
弟子からカメラを奪い取ると、1回だけシャッターを切ったという。
その1枚が展示されている。ぜひ、ご覧いただきたい。

IMG_2007.jpg

平等院 http://www.byodoin.or.jp/
〒611-0021 京都府宇治市宇治蓮華116
電話 0774-21-2861 FAX 0774-20-6607



<電車でのアクセス>
「京都駅」からJR奈良線で17分(みやこ路快速)、「宇治駅」下車、徒歩10分
京阪電鉄宇治線で「京阪宇治駅」下車、徒歩10分


この後、書友の方と待ち合わせをして抹茶そばをいただいた。
京阪で一緒に四条に出て、別の書友の方が出品されている作品展(これがユニーク)を鑑賞。
和紙などを購入される和小物の店もご紹介いただいた。

さらに二人で寺町まで歩き、私は賛交社と鳩居堂で筆を計3本購入した。
唐筆と細い羊毛、もう一つは染色用の筆だ。

作品づくりの話をしたが、刺激を受ける事が多く、
私はもっぱら聞き役だった。
見せていただいた作品はかなり手がかかっていて、
私のような手抜き作品とは全然違った。(恥ずかしっ。)

FBで知り合った書友の方と会うのは3回目。
私はだんだん味をしめてきた。
毎回、思わぬ発見があり勉強になる!

次は誰を訪ねようか。

追伸)そうそう、忘れていた。
昨日の8日、フォトリアで私の作品が14点一気にダウンロードされた。
ご購入いただいた方、ありがとうございました。
スポンサーサイト
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-204.html

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。