趣味の書道・京都・写真をつれづれなるままに
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/?overture" target="_new

2014年12月21日 (日) | 編集 |
今年も書道に打ち込んだ1年だった。「ザッパーン」(効果音)
分からんだろうが私は今、
防波堤の先に立ち、波が荒巻く日本海を眺めている。(と、思っていただきたい。)

福井奎星で幕を開け、春に30周年の社中展に出品。
その後、夏に市民美術展、秋に毎日書道展と福井県美展、東京奎星展と続いた。

毎週教室にも通って課題をこなし、筆文字の創作にも取り組んだ。

それ以外に毎年、臨書課題を自分に与えている。今年は褚遂良の「枯樹賦」だった。
それも秋口に卒業して、今は光明皇后の「楽毅論」と米芾の「蜀素帖」を臨書中だ。

さらにだ!夏から「いい書 我が書」というフェイスブック上の書道グループにも入り、
毎日のお題にも挑戦している。(最近は1日おきになってしまったが。)
11月には個展も開いた。
この1年、自分でも我ながら書道に頑張ってきたと思う。

それなのに、どうしてこんなにヘタクソなのだろう…。




「ザッパーン!」(効果音)




あ、強調するところを間違えた…。まあいいか。

ただ、うっすらと光は見えた。
下手なりに上達はしたようだ。(繰り返すが下手なりに。)
去年(写真上)も「謹賀新年」と書き、写真を撮っていた。
それと今年(同下)のを見比べる事ができたのだ。

見ると、「少し線が力強くなったか?」ぐらいわかる。
ここまでやっても、成長は微々たるもの。
書の道は長くて厳しい。

IMG_0326*


IMG_1817_20141221111239cf5.jpg

スポンサーサイト
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-194.html

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。