趣味の書道・京都・写真をつれづれなるままに
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/?overture" target="_new

2014年08月28日 (木) | 編集 |
10609584_731318840266536_6168282927748863452_n(1).jpg

最近、早朝に涼しさを感じるようになった。
秋もすこしずつ近づいてきたようだ。
それと共に、私の耳にはJR東日本のCM「そうだ、京都行こう」の音楽が聞こえるようになってきた。
(幻聴か。)

秋の京都は最高だ。10年前、嵐山を訪れてハマった。
以来、毎年市内の紅葉の名所を訪れている。

さて、秋の本格的な行楽シーズンを前に、
9月13日(土)にープンする京都国立博物館の「平成知新館」の情報をお届けする。
「平成知新館」は同博物館の敷地内にできる新しい展示館だ。
開放的なロビー、庭を眺められるレストランまであるという。

ああ、だめだ。行きたい!行ってそのレストランでメシが食いたい。
(いい歳をして、どこまでもミーハーな私だ。)

オープンを祝って記念展「京(みやこ)へのいざない」が、
9月13日から11月16日まで開かれる。
京都ゆかりの国宝、重文が一堂に介するようだ。
肖像画や工芸品、仏像、陶芸、あらゆるものが並ぶらしい。
(京都ファン、博物館好きの私にはたまらない企画展だ。)

で、私が実物を見たい逸品がある。これはおススメの超珍品だ。

それは西往寺所蔵の重要文化財「宝誌和尚立像」である。
こんな奇妙な、奇怪な仏像はない!世界でこれだけではないだろうか?

それは顔がパックリと縦に二つに割れ、中から同じ顔が現れつつある仏像だ。
私は、星野之宣大先生の伝奇SF漫画でその存在を知った。
中国の説話をもとに作られたものらしい。
秘仏なので、この機会に是非ご覧になることをすすめる。 

 
また、「平成知新館」開館に合わせて9月13日(土)から、
15日(月・祝)の午前10時から午後5時まで、
京都国立博物館や豊国神社周辺で、「太閤祭り」が開かれる。

この一帯は、豊臣秀吉にゆかりの深い史跡や寺院・神社が集まっている。
祭りでは、お茶席やライブペイント(その場で絵を描くパフォーマンス)があるほか、
「利き酒コーナー」や「轆轤(ろくろ)の体験教室」などのブースも出展予定だ。

<京都国立博物館>http://www.kyohaku.go.jp
〒605-0931 京都市東山区茶屋町527


スポンサーサイト
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-168.html

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。