趣味の書道・京都・写真をつれづれなるままに
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/?overture" target="_new

2014年08月06日 (水) | 編集 |
世の中広い…。ネット上に存在するコアな書のグループを知った。
グループ名を「いい書 我が書」という。
年齢もキャリアもバラバラな、
全国各地の書道好き約80人で構成されている。
 
FB上のグループ(非公開)で、3年前に誕生。
お題を決めてみんなで競作し、午前中アップして見せ合う。

それを毎日続けるのだ。

最初、聞いた時、「今流行りの朝活か?」と思った。
「毎日、作品を考えて書くなんて出来るのか」とも思った。

そんな自分が、入ってしまった。「いい書 我が書」に……。
私としては、複雑な心境である……。
何故かと言うと、とにかく、何だ、ほれ、皆さん、「濃ゆい」。
書に関しては、かなり「MAXハイテンション」の方が揃っている。

私は非社交的な性格で、気も小さい。
そんな私からすると、その加熱ぶりに圧倒されてしまうのだ。
(ちょっと腰が引き気味だ。)

早朝5時から「おはようございます!」と、元気に作品をアップする人がいる。
6時を回るとぞくぞくと作品が提出されていく。

驚愕の光景だ。

スマホで確認しつつ、
「どんだけ元気やねん…」「寝てんのか?…」と内心突っ込みを入れている。

その作品だが、どれもこれも個性的だ。
私の回りでは見た事がない作風のものが多い。

パソコンで高度な加工がしてあったり、絵が描いてあったり。(もちろん超正統派の作品もある。)
キョーレツな自己主張のカオスに、私は自分を見失いそうだ。(大袈裟か?)

一応、今日まで4作品を提出したが、もう息切れがしてきた。(早っ!)
できるところまで書き続け、あとから少しペース配分を考えたい。

さて、私が今朝、提出したお題は「茄子」だ。
ポスターカラーに墨を混ぜて書いてみた。

nasu.jpg


「いい書 我が書」
ホームページはこちら http://iisyo.com/

iisyo_201408061319376d9.jpg

作品の投稿は出来ないが、
メンバーが各自選んだ今月のマイベスト作を見る事が出来る。
スライドムービーになっており、音楽付き。

競書に参加されたい方は、一度ホームページを見た上で、
FBから参加申し込みを。

鍛えられると思う。

さて、明日7日だが、京都へ向かう。
毎年恒例の写経と毎日書道展。暑いのは嫌だが、雨も…。

ああ!その前に明日のお題「粋」を書かねば。
スポンサーサイト
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-160.html

コメント
この記事へのコメント
もぐらたたき並みにあちこち出没しまして失礼します!
驚愕の光景だー!って~(*≧∀≦*)
その大袈裟ぶりがとっても好きです!
書業無情庵さんも書に実は熱く濃ゆいお方なのであろうと思います。書も拝見しましたが、とってもカッコいいです!わたしに書の心はありませんが。。。
年を重ねて小学校以来筆を毎日欠かすことなく持っています。同じようにグループで練習しています。たしなみとしてあんまり下手では。。。と思いまして。そのような程度でもやはり教室に通った方がよいのでしょうか?
2014/09/02(Tue) 06:28 | URL  | さとやまあるこ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
さとやまあるこさん

コメントありがとうございます。
書を褒めていただき、恐縮です。こちょばいですが…。

筆を毎日の様に手にしておられるとのこと、素晴らしい心掛けですね。
私は、さとやまあるこさんのように殊勝ではありません。恥ずかしいです。

ですが、教室に通った方が良いかについて私の意見を言わせていただくと、
行ったほうがいいと思います。

個人的な狭い経験からの意見ですけどね。
わたしも、教室に通って10年たちます。
素人同然からのスタートで、本当に勉強になりました。
個人の勉強ではひとりよがりになり、
ここまでは(大した事ないですが)来なかったと思います。
先生のおかげです。

つまり大事なのは、誰を師匠に選ぶかです。
私の先生は県内でも有名な前衛書家で、毎日書道会の役員も務めている方です。

基本的に自由な教室です。毎回、手紙の書き方や甲骨文字、古典などの講義があります。
一方でやりたい者は家でどんどん、創作や自分なりの臨書をしています。
あと、公募展や作品展に活発に応募しています。これで鍛えられました。
でも、教室にかよっても級、段はとれません。
仲間やライバルが出来ます。これはメリットでしょうね。

先生を見極めて、教室に通ったらいかがですか。

あ、忘れてました。私、ネットで筆文字も習ってます。
古典書道とは違う技術を身につけようと1年前から始めました。
それも、表現の幅を広げるのに役立ったと思います。
2014/09/02(Tue) 08:42 | URL  | 風味 豊 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。