趣味の書道・京都・写真をつれづれなるままに
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/?overture" target="_new

2014年07月16日 (水) | 編集 |
IMG_1052.jpg

私と同じ高校美術部、後輩・中川貴文君の作品集「Dear World(ディア ワールド)」を買った。
後輩と言っても、歳がかけ離れていて一面識もない。
ただ、作品だけは知っている。

会ってみたいと思うが、出来ない。
2008年4月、21歳の若さで旅立った。
京都市立芸大日本画専攻の学生だった。

中川君の才能を最初に評価したのは、先日紹介した絵本作家の田島征彦さんだ。
亡くなってからではあるが、中川君の作品を目にしてご両親に個展をすすめたという。

2008年12月、私は初めて中川君の作品に触れた。
彼の同級生たちが追悼のために地元で開いた「中川貴文展」だった。

「技術的にはまだかな」と思ったが、秘められた非凡さを感じた。
開花を待っている、荒っ削りで力強い才能だ。

今回の作品集になり、当時も展示されていた「Dear World」は、
5人の少年少女が、川や海、雪の中で遊ぶ様子を描いた連作だ。
ハガキサイズに水彩などで描かれている。

まず眼を見張ったのは、子ども達が元気に跳び回っていたことだ。
19歳の若さで、これはなかなか描けないと思った。
色彩も美しい。色のトーンが統一されていて、破綻がない。
鑑賞者を心地よくする配色だ。

高校時代の作品でも、構図がしっかりしていて空間を感じた。
上から見下ろす俯瞰の構図でも描いていた。
高校生で視点を自由に変えられるのも凄いことだ。
作品から「若さ」そのものが溢れ出ていた。

IMG_1055.jpg

あれから6年。
先日、書棚から「第27回敦賀市総合美術展表彰式」(2007年)の式次第が出てきた。
私の書道での入賞記念に残しておいたものだ。

「懐かしいなぁ」と見入っていたら、
日本画部門の「敦賀市議会議長賞」受賞者に「中川貴文」の名前を見つけた。

私は式次第を手にして突っ立ったまま、表彰式当日の記憶をたぐり寄せようとした。
会場の様子、来賓の顔、受付、審査員、手がかりになれば何でもいい。
手当たり次第に思い出そうとする。
でも、何も思い出せなかった。

7年前、私たちは同じ会場にいた。
彼は、私のすぐそばにいたのだ。

中川君はどんな大学生だったのだろう。
将来の夢は何だったのか。
生きていたら、今どんな絵を描いただろう。

出版から少し時間がたってしまったが、手に出来た作品集。
じっくり見せてもらう。


「Dear World 中川貴文」(本体1,600円+税)
玲風書房 http://www.reifu.co.jp/
〒165-0026 東京都中野区新井2-30-11 
TEL : 03-5343-2315 FAX : 03-5343-2316

<中川貴文web美術館GON> http://deargon.blog.fc2.com/




スポンサーサイト
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-154.html

コメント
この記事へのコメント
ご紹介ありがとうございます!
書業無常庵 庵主 風味 豊さま

はじめまして。
中川貴文web美術館GONのGON企画です。

「Dear World」をご紹介くださりありがとうございます!

2008年の初めての「中川貴文展」もご覧くださったのですね。ありがとうございます。

田島征彦さんのHP「たじまのんのんてい」の新しいサイトの「その他」のところに、「Dear World」と「青春18景」の作品をご掲載くださっています。

GON美は、web美術館とは名ばかりで、
「たじまのんのんてい」の新しいサイトのほうが、
一目瞭然にずっときれいにご掲載くださっていますので
よかったらご覧くださいね。

偶然の一致がかさなっての、田島征彦さんとの不思議な出会い。
そんな意味でも、京都は特別なところです。

またご訪問させてくださいね!
ご活躍をお祈りいたしております。

ありがとうございました◎

GON企画
2014/07/16(Wed) 12:04 | URL  | 中川貴文web美術館GON #-[ 編集]
すみません。追伸です。
すみません。追伸です。

無常庵じゃなくて、無情庵でしたね!

そそっかしくてごめんなさい<(_ _)>
2014/07/16(Wed) 19:05 | URL  | 中川貴文web美術館GON #-[ 編集]
Re: ご紹介ありがとうございます!
GON企画様

コメントありがとうございます。
誠に勝手ながら、貴文君の作品集を紹介させていただきました。
失礼の無いよう筆を進めましたが、おおむね好感を得たようでホッとしております。

作品集出版のニュースを新聞で知ったのですが、いつの間にか失念していました。
そんな折、式次第に彼の名前を見つけました。
こんな身近に彼がいたことに驚き、あわてて本屋へ向かいました。

すてきな作品集ですね。
余白をたっぷり取ったレイアウト。
本を開いていると時間がゆっくり流れているようで。
イラストの世界と、同じ時間を共有している感覚を味わいました。

ありがとうございました。
2014/07/16(Wed) 19:22 | URL  | 風味 豊 #-[ 編集]
こちらこそありがとうございます!
書業無情庵 風味 豊さま

風味 豊さんと中川貴文も、市美展のパンフを通じた
ふしぎな偶然の出会いですね!

『Dear World』は、作者のこどもの頃の思い出を描いた
12点の作品です。

お書きになってくださっているように、
本をひらいてくださった方それぞれが
目を輝かせていきいきと遊びまわっていた
ご自分のこどものころの時間を
ともに味わってくださったらとてもうれしく思います。

ご紹介くださり、大変ありがたく思っています。

GON企画


2014/07/16(Wed) 21:28 | URL  | 中川貴文web美術館GON #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。