趣味の書道・京都・写真をつれづれなるままに
2014年07月12日 (土) | 編集 |
私は、今年1月から前衛書を中心とした書道団体「奎星会」の正会員に昇格した。
昨年、「コーヒー」で書いた作品が入賞し、末席にお加えいただいた。
(正に棚からぼたもち。)

奎星会は何でもありの団体だが、内心「こんなんエエんかな?」と思いつつ「コーヒー」で書いた。
作品に鼻を近づけると「ブレンディー」(by AGF)のいい香りがしたもんだ。

ま、そんなこんなで奎星会に潜り込んだ私に、
第63回奎星展(期間10月30日~11月6日)への出品案内と出品票(下の写真)が昨日届いた。(早っ!)

IMG_1034.jpg

封筒の表、私の名前のあとに「先生」とあった。
(これを見るたび、私はガックリする。)
是非とも突っ込んでおきたい。

大体、何で私が「先生」なんだ。書道教室を開いているわけでもない。
書歴たかだか10年の、書壇では「へ」よりも軽い「愛好家」だ。
担当者に対し、
「お前、心にもなく先生って付けてるだろっ!(泣)」とどやしつけたくなる。
(明日から奎星会に私の名前はないかもしれん。)

書道界には、「書道やってるヤツは、とりあえずみんな先生と呼んどけ」みたいな大雑把な空気がある。
例えば書道具店から届くDMの宛名には、みな「先生」がついている。
先日、こちらがお世話になっている表具店の社長さんからも「じゃっ先生」と言われた。
(ぎゃー、ヤメテーッ!)
この慣習、何とかならんもんだろうか。

奎星展と並んでもう一つ、出品票が手に入った。
第65回福井県総合美術展(通称・県美展 期間9月4日~14日)の出品票だ。(下の写真)
「この時期が来たか…」(と、腕組みをして眼をつぶる。)

IMG_1036.jpg

私は、今年も入賞を目指している。
そこで、新テクニックを開発した!
その一部をご覧いただこう。これだ。

IMG_1029_20140712095436d29.jpg

小っちゃ!
今、自分でもビックリした。
はやりの「流出」を恐れて小さくしたが、しすぎたかもしれん。

えっ、テクニック解説?
県美展のライバルが見てるかもしれないのに…。
するわけないじゃん。
画像も小さいが、人間の器もとことん小さい私であった。
スポンサーサイト
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-153.html

コメント
この記事へのコメント
先生、おめでとうございます\(^o^)/
このさい、お弟子さんとったらいかがかな?

京都。。。なんか天気が心配になってきました。
いろいろ、目移りしますねー、やっぱり最低三日はないと、
きついなぁ、と今更ながら…(^_^;)
2014/07/12(Sat) 22:57 | URL  | ココうさ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
ココうささん、コメントありがとうございます。
先生じゃないですよ〜。こんな器の小さい人間が、
先生なんかにはなれません。
きっと弟子にも軽蔑されるだけです。

京都のお天気が心配ですね。
15日でしたっけ。すこし回復するようで、
曇りときどき晴れではないでしょうか。
16日は晴れるようです。

京都に行くと、「あれも見たい、これも見たい」で欲張ってしまいますね。
余裕を持って、公共交通機関を利用するのがコツですよ。
自称・京都通の私からのアドバイスです。

2014/07/13(Sun) 09:05 | URL  | 風味 豊 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック