趣味の書道・京都・写真をつれづれなるままに
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/?overture" target="_new

2013年07月05日 (金) | 編集 |
gion.jpg

私は熱狂的な京都ファンだ。通ではない。通ほど京都を知らない。あくまで“ファン”だ。
周囲から「また、京都へ行くんですか?」と呆れられるほど、京都へ出かける。

京都は学生時代を過ごした思い出の地。年齢を重ねてさらにその奥深さを知った町だ。

その京都に祇園祭が近づいてきた。行きたいが、7月17日の山鉾巡行には行けない。
スケジュールが重なっているのだ。(残念!)

学生時代、祇園祭に行ったことがなかった。人ごみが大嫌いだったからだ。
それが、3年前、四条河原町で辻廻しを見てハマった。

動く美術品と言われる山鉾が、豪華な懸装品を揺らして回転する。
京の町衆が1000年以上も続けてきた“力技”だ。
セルリアンブルーの夏空を背景に鉾の水引幕はより一層赤く、
コンチキチンのお囃子に沿道からの歓声が混じる。
午前9時でも、ジリジリと日が照りつけ、ポロシャツは汗でズクズクだ。

「あかん、見に行きたい」

ところで、どこで見るかだが、私がおすすめなのは、市役所前の御池通。
四条河原町に比べれば、鉾に近づきやすい。
歩道に街路樹があり、木陰は結構、涼しい。
御池通には有料観覧席もあるが、テントはない。
炎天下の道路にパイプいすが並べられているだけで、
「そっちの方が暑いんじゃないか?」と思った。

写真は昨年7月16日に烏丸通りで撮影



スポンサーサイト
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-15.html

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。