趣味の書道・京都・写真をつれづれなるままに
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/?overture" target="_new

2014年06月08日 (日) | 編集 |
IMG_0851.jpg

昨日(6月7日)福井市の福井県立美術館へ、第64回福井県書道展を見てきた。
私の表彰式出席も兼ねている。

展示された自作品を見て、またまた(何回目?)落ち込んだ。
自分で書いておいて何だが、己の駄作を前に膝から崩れ落ちそうだった。

毎回、毎回、会場で自分の作品を見ると何でこうもアラが目立つのだろう?
あんなに一生懸命書いたのに、ヘボ過ぎる。みっともない事この上なしだ。
作品展に行くたびに落胆して帰ってくる。私は何のために出掛けていくんだろう?

いつかは自分の作品を前に胸を張りたいものだ。

IMG_0852.jpg

会場には入選から特選までの364点が並べられた。ジャンルは漢字、かな、前衛など多彩だ。
最高賞の知事賞には上山惠子さん(福井市)のかな作品が輝いた。
私の前衛作品も準特選をいただいた。それがこれだ。

IMG_0858.jpg

題名は「and you」(60×180センチ)。「足」という文字を一旦分解して再構成している。
淡墨で書いた後、濃墨を重ね、奥行きを出してみた。

他にも前衛書があった。気になる作品を撮ってきた。

IMG_0857.jpg

さすが、特選を受賞するだけある。紙面構成が見事。計算されている感じを受ける。

IMG_0869.jpg

こちらも特選受賞作。造形が面白い。

IMG_0855.jpg

そしてこれが上山さんの最高賞作品だ。

IMG_0868.jpg

レベルの高い作品は1ケ所に集められる。私の作品はここにはない!
いろいろと気なった作品をご紹介。

IMG_0878.jpg

淡墨による大字書。これは納得の受賞。大字書の中には「ん?」と感じるものもあった。
(私も言われているかもしれん…。)

IMG_0880.jpg

最近、私はこういう朴訥な感じの隷書が好きだ。

IMG_0874.jpg

似たような感じでもう1作。不揃いなのがいい。軽やかで楽しい。

表彰式の中で、審査委員長による総評が聞けた。
基準となったのは2点。
作品の紙面構成が優れている事と澄んだ切れのある線でかかれている事だそうだ。
この話が聞けたのは大きな収穫だった。

私は、ライバル達の作品の部分をクローズアップして写真を取りまくった。
テクニックを開明するためだ。
(今回はすごく真面目に終わる。)





スポンサーサイト
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-138.html

コメント
この記事へのコメント
素敵ですね。前衛は難しいイメージで、表面上しかわかりませんが、たぶん書いている所作が感じられる作品が上位なのでしょうね。
隷書はほんと書きたくなる!って感じです。あこがれの書ですね。
今日は実は一杯(いや三杯ほど)やってきまして…。
貴殿に敬意を表しまして、福井の「雪舟」というお酒もいただきました。磨きが五割五分、大変美味しかったですよ(*^_^*)
2014/06/10(Tue) 21:03 | URL  | ココうさ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
ココうささん、こんにちは。コメントありがとうございます。
福井県は書道の盛んな県ですが、主流はやはり漢字、かなですね。
前衛書は少数派です。(他県と比較すると多いかも)

難しく捉えがちですが、造形や表現の面白さを楽しんでください。
深く考えずに書いている人もいますから。(笑)

隷書には代表的な「曹全碑」がありますね。かなり洗練された書体で、
波タクが流麗で装飾性が強いです。昔、ちょっとカジって臨書しました。
当時は「カッコいいなぁ」と思いました。
でも、今はもっと昔の「古隷」と呼ばれる素朴な隷書に魅力を感じます。

昔は、独特の筆遣いが嫌でした。今は「いろいろな展開ができる書体だな」と、
思うようになりまして、書いてみたいと考えてます。

ほろ酔いでコメントされたんですね(笑)。いいですね〜。
「雪舟」は飲んだこと無いですね。
ココうささんが美味しいと言われるなら、今度探して飲んでみます。
2014/06/11(Wed) 09:02 | URL  | 風味 豊 #-[ 編集]
大字書で「ん?」と思われた作品は、私のだったりして( -_-)
2014/06/19(Thu) 10:02 | URL  | パンジー #-[ 編集]
どうしましょ…。
パンジーさん、違うと思いますよ。(汗)
私の方が、ひどいですから。
(パンジーさんの作品が分からないのに、無責任に言いますが。)
これって、慰めになってるんでしょうか?(再び汗)

どんどん、傷口を広げていってる感じですが…。

え〜、つまりですね。
書道に対して謙虚さのない、ついでに実力も大したことのない、
見る目も信用できないおじさんの、
戯言(たわごと)と思ってお聞き流しください。

不安にさせてごめんなさいね。(土下座)
2014/06/19(Thu) 15:32 | URL  | 風味 豊 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。