趣味の書道・京都・写真をつれづれなるままに
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/?overture" target="_new

2014年05月06日 (火) | 編集 |
IMG_5138.jpg

葵祭(5月15日)も終わっていないのに、祇園祭の話で恐縮だ。
今年、祇園祭が大転換を遂げる。(ちょっと大袈裟か?)

祇園祭は日本三大祭りの一つで、
応仁の乱や第二次世界大戦でやむを得ず中断したことはあるものの、
平安京のころから1000年以上も続く祭りだ。

祭りのハイライトはご存知、山鉾巡行だ。
毎年、7月17日に行われている。

この山鉾巡行が、今年から7月17日と24日の2回に分けられる。

山鉾巡行はもともと2回だった。それが昭和41年、1回に統合された。
つまり49年ぶりに昔からの祭り本来のスタイルに戻るわけだ。

17日は「前祭(さきまつり)巡行」で、23基の山鉾が練り歩く。
24日は「後祭(あとまつり)巡行」で、こちらは10基の山鉾だ。
コースが若干違うので京都市観光協会のHPなどで確認を。

IMG_5172.jpg

写真は御池通りで撮影したもの。市役所前の通りで、木陰もあり、涼しい。

IMG_5182.jpg

これは蟷螂(かまきり)鉾。カマキリが羽根を広げて動く仕掛け。面白い。

IMG_0266.jpg

16日は宵宮。烏丸通は人であふれる。

kankokyo.jpg

祇園祭に関する情報はこちら。
<祇園祭>http://www.kyokanko.or.jp/gion/

スポンサーサイト
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-125.html

コメント
この記事へのコメント
前祭・後祭
おはようございます、いつもありがとうございます。

私は、毎年22番目に巡行する岩戸山という曳山の囃子方をしております。
今までは岩戸山の後ろに11の山鉾が続いたのですが、今年からは船鉾さんの1基だけになってしまい、少し寂しいです・・・

私が生まれた時には7月17日に一本化されており、前祭・後祭を知りません、どうなるのか?不安もありますが、祇園祭本来の姿に戻り「成功」で終われることを京都市民として、また祇園祭に参加する1人として、今年の祇園祭に期待しております!

最後になりましたが、祇園祭をブログで紹介して頂き、とっても嬉しかったです、ありがとうございました。
2014/05/07(Wed) 09:28 | URL  | 京都 花大黒 #-[ 編集]
Re: 前祭・後祭
京都 花大黒様

思いがけない嬉しいコメント、ありがとうございます。
恐縮です。

囃子方をされているのですか。そうですか。毎年、あの暑い中をご苦労様です。
機会がありましたら、間近で見聞きした祭りのエピソードや感想などを教えてください。

祇園祭の、真っ青な夏空に伸びた長刀鉾、忘れられない光景です。
「コンチキチン」のお囃子と見せ場の辻まわし。繊細さと豪快さを併せ持った祭りですね。
豪華を極めた山鉾の飾り、あふれかえる見物客。「これが日本の文化だ」と鉾が胸を張っているようでした。

祭りを見ながら、1000年以上も、連綿と伝統を受け継ぎかたくなに守ってきた京都の町衆に思いを馳せました。
今の日本では忘れ去られたものが、祇園祭にはまだいっぱい残っているのかもしれません。

初めての試みが大成功に終わってほしいですね。
祭のスケールアップを私も期待しています。
花大黒様も体調を整えて無事に囃子方を務め上げてください。

それから、あなたのDNAを受け継いだご子息が、
立派な祭りの担い手になられることを祈ってます。


2014/05/07(Wed) 20:45 | URL  | 風味 豊 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。