趣味の書道・京都・写真をつれづれなるままに
2014年04月25日 (金) | 編集 |
IMG_0732.jpg

毎日書道展、県書道展、市民美術展、社中展と作品づくりに追われる私だ。
毎日書道展と社中展はメドは立ったが、残り二つをどうするかと悩んでいる。

そんな折、県書道展の募集要項を手に入れた。
出品規定を読んであることに気づいた。

作品の大きさに「[縦・横自由]181×91センチ以内」とある。
(ん?待てよ…。)

『毎日展に出す私の作品は縦60×横180センチだ。
このサイズは県書道展の[縦・横自由]181×91センチ以内に含まれている…。

先生から残すように言われた毎日展用作品が複数ある…。
出来の一番いい1点を毎日展に回し、次点を県書道展に…。』

ということは…、県書道展は書かなくていいんじゃないのか…。

重く垂れ込めていた冬の雪雲が去り、
春の優しい陽の光が燦々と降り注いできた気分だ。

昨年はこの技が出来なかった。
会場が県立美術館ではなく、狭い福井市立美術館だったので、
作品の横サイズが限定されていた。
(狭いスペースにより多くの作品が並べられるように。)

今年は広い県立美術館に会場が戻り、作品の横サイズも広がった。
毎日書道展との作品規定に共通項が生じたのだ。
(書道の神様、ありがとう!)

でも、先生が何と言うかだ…。
それに市民美術展がある。(これに苦労している。)
ぬか喜びになるかもしれん…。
スポンサーサイト
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-119.html

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック