趣味の書道・京都・写真をつれづれなるままに
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/?overture" target="_new

2014年03月17日 (月) | 編集 |
2夜続けて、テレ朝の「宮本武蔵」(主演・木村拓哉)を見てしまった。
キムタクのファンではないが、時代劇が好きだ。(子供の頃から好きだ。)

その魅力は殺陣だ。でも、チャンバラと呼ばれた時代、殺陣は華麗だったが、
「宮本武蔵」は華麗というより、リアルさを追求していたかもしれん。
(今の時代の方が、チャンバラという表現がぴったりかも。)

この「宮本武蔵」は東映の制作で、京都で撮影された。
当然、太秦映画村のセットや市内の神社仏閣でもロケが行われたようだ。

京都市民でない私だが、
最近、時代劇を見てロケ地が分かるようになってしまった。
(どんだけ、京都行ってんねん!)

例えば、15日夜の「宮本武蔵」で吉岡一門の道場が出てきたが、
あれは妙心寺塔頭「龍泉菴」だ。

偶然、この間の2月7日に行ったところなのですぐわかった。
しかも、私が撮影したのと、ほとんど同じ角度で映像が流れた。(下の写真)

IMG_0482.jpg

ほかにも、昨夜は大覚寺の裏の広沢の池が登場した。
(ユースケサンタマリアがお通を探すシーン。)
広沢の池は平安時代からあるそうで、
時代劇や京都のミステリードラマの定番ロケ地だ。
必殺シリーズでよく使われていた。

また、「宮本武蔵」では、下鴨神社の糺の森らしきシーンも…。
ここはちょっと確信は持てないが、おそらく。

撮影中、役者さんは京都に長期滞在するわけで、
その間の目撃情報もあるようだ。(私は見たことないが。)

キムタクの場合、京都駅などで目撃され、
「オーラがハンパない」とツイッターで上がったとか聞く。
ちなみに、「宮本武蔵」出演者が、京都滞在中によく訪れた店は「焼肉北山」らしい。
ここは、さまざまな芸能人が利用するようだ。
「よしっ!行ってみるか」

いい歳をして、とことんミーハーな私である。

「焼肉北山」(下鴨店)
〒603-0843 京都市左京区下鴨水口町47-1 カーサ下鴨1F
(地下鉄「北山駅」より東へ/下鴨中通を北へ/1つ目信号)
営業時間 17:00〜23:00
ランチタイム 11:30〜15:00(ランチは土、日、祭日のみ営業)
http://www.yakinikukitayama.com/
スポンサーサイト
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-104.html

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。