趣味の書道・京都・写真をつれづれなるままに
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/?overture" target="_new

2013年06月24日 (月) | 編集 |
文字の矯正トレーニングを始めて1カ月ぐらいだろうか、
徐々に効果を実感しはじめた。そりゃそうだ。「あいうえお」を1日10回、
1カ月にすれば、250回ぐらいは書いているのだから少しは効果があるだろう。
学校でも「あれっ、字が上手くなったね」と友達からも言われた。

こうなるとうれしい。嫌々ながらはじめたトレーニングだが、
効果が思った以上に早く現れて、楽しくもなってきた。
始めた頃は、上達するのに2、3年かかるのかと思っていた。

字は以前の悪筆に比べれば少しは上手くなった。
だが、副作用が出てきた。
それは「遅筆」だ。

お手本をなぞるというトレーニングは確かに効果があった。
しかし、私は一文字を「ゆっ〜くり」となぞっていた。
文字の形ばかりを気にして「ゆっ〜くり」なぞったため、
ものすごい「遅筆」になってしまったのだ。

学校で、先生の板書を全部ノートに写しきれない。
書いている途中で消されてしまう。困ったことになっていた。

じいさんの指導を受けて2カ月後ぐらい、「これぐらいでよかろう」と
“免許皆伝”をいただいた。といっても多少うまくなった程度なのだが。
一方で遅筆になってしまった私。そこで、私は
美しい文字よりスピードを選択した。せっかく上達したのに。

じいさんからは「最近、字が荒れているな」と飽きられてしまった。
しかし、書道には興味が沸いた。学校では熱心に書道の授業を受け、
夏休みや冬休みの書道の宿題にも楽しんで取り組んだ。
書道が好きになり、数十年後こうして本格的に始めた。じいさんのお陰だ。



kana.jpg

久しぶりに「かな」を書いてみた。かなと漢字は別物ということも、
書道を本格的に始めてから知った。私の専門は漢字をベースにした前衛書だが、
かなもいずれは勉強したい。




スポンサーサイト
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-10.html

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。