趣味の書道・京都・写真をつれづれなるままに
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/?overture" target="_new

2015年03月31日 (火) | 編集 |
私は昨年の6月、筆をヘアカラーで染めた。(笑うんじゃない。)
記念品に貰った筆に腰がなかったので、
ヘアカラーで染めたら弾力性が増すのではと考えたからだ。

で、結果、若干、腰が出た。気持ち程度だが。
予想外だったのは、筆がツルツルになったことだ。
ヘアカラーに含まれるサラサラ成分で毛がコーティングされたためらしい。
書いてみたら半紙の上を筆が滑る滑る。
それでも我慢して使い続けたら、ようやく最近落ち着いてきた。

そんな、筆に対して思い入れの強い私が、
昨日新しい筆を買った。
それがこれだ。

IMG_2242.jpg


IMG_2244.jpg

購入したのはホームセンター「みつわ」。数百円のしろものだ。
毛の長さは約22センチ。材質はナイロンだ。

普通はこれを「ハタキ」と呼ぶ。
だが、私はこれを見たとき「筆やがな」とマジで思った。
もし、これが羊毛筆だったらとんでもない値がする。
それがあーた、数百円だよ!

神様、ありがとう!

毛がナイロンの筆は存在する。(ここまで長くはないが。)
墨含みも悪くないので、私は使えると踏んだのだが…。
何を書くかは決めていない。
全紙か三六判(90センチ×180センチ)に書くとは思うが。
どんな書き味かは追ってご報告しよう。

私の今までの経験では、
たぶん、失敗すると思う。

http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-211.html
スポンサーサイト

2015年03月29日 (日) | 編集 |
このところの陽気のせいで、
京都の桜が開花し始めたようだ。
自称京都通の私、撮影に行きたくてうずうずしている。

昨年は、4月6日に出掛けた。
その日は4月というのに、極寒!!
しかも小雨が降り、桜も殆ど散りかけだった。
最悪やん!


しかし、同じ失敗は二度とせん!



今年こそ、満開の桜に包まれた清水寺をカメラに収める!(宣言)
思えば3年前から毎年この時期に出掛けているが、
ぜんぜん撮れない。(トホホ…。)
空が曇っていたり、桜が散りかけだったり…。

抜けるような青空に清水寺と桜の写真!
これでなければ売れない!(結局金か!)

清水寺の写真は売れるのである。
それに桜が写り込んでいれば、もうあなた、
鬼に金棒、子どもにうまい棒だ!



「…………」
また外したか……。こんな時は……。
(BGM「夜明けのスキャット」by 由紀さおり)
ブログでBGMというのは、世界で私だけだと思う。


気を取り直して。
今年は、去年より早い4月2日あたりを上洛日と考えている。
書友の方ともお会いしたいが、今回は撮影に専念。
清水寺や退蔵院などを回ろうかと思う。

ちなみにこれらは昨年の清水寺と高瀬川(一之船入)の写真。
曇り空で全然春らしくない。





http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-210.html

2015年03月24日 (火) | 編集 |
IMG_2215.jpg

とうとう来た!毎日書道展の出品票が!(倒置法)
眼がかすむ。手が震える。
ああ、蓮の花が見えてきた…。
(大袈裟か?)

資料によると、今年は5月11日、12日が搬入日らしい。
5月10日に送れば間に合うと思うだろうが、
そうは問屋が卸さない。(古っ!)

5月10日は日曜日で、私が通う書道教室の研修旅行日なのだ。
さらに目的地が京都ということもあり、
京都通(自称)の私に旅の計画立案&ガイド&予約の役目を仰せつかったのだ。
嬉しいような悲しいような…。
(今、モニターが滲んで見えない。)

ということは、作品もさっさと書き上げ、
旅行前に毎日展事務局に送らねばならない。
しかもだ!5月はゴールデンウイークが2日から6日まである。
てことはだ!4月末には完成していないと…。

もういいだろうか…。

肝心の作品だが、当然、書けてない。
ただし、構想は練った。イメージは頭の中にある。
紙も買った。
あとは書くだけだ。
「じゃあ書けよ」と言われそうだが、
もうちょっと、熟成させようと思う。
今回はぎりぎりまで粘って一気に書くやりかたを試そうかと思う。

http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-209.html

2015年03月11日 (水) | 編集 |
今年の毎日書道展が迫りつつある。(怖い。失踪したい。)
詳しい日程は分からない(分かりたくない)が、多分、
おそらく、大体、アバウトに、5月中旬が…
締め切りだったんじゃ…ないかなぁ…。

あと2カ月か…。
窓の外には、珍しく3月の雪が静かに降っている…。
(と、情景描写を入れてみる。意味はないが。)

私は、この時期になると「小人の靴屋」という童話を思い浮かべる。
私が眠りこけている真夜中に、優しい小人さんたちが現れて、
こっそり毎日書道展の作品を書き上げてくれないかなぁ…と思うのだ。

時折、画仙紙を出しっぱなしにして一晩寝てみる。
朝、期待を込めて部屋の戸を開けるが、やっぱり真っ白な紙のままだ。
(当たり前だっつーの。)
我が家には小人さんたちはいないようだ。

ほかの人たちは、どないして前衛作品を書いているのだろう?
私は気になってググってみた。
するとショッキングな現実が。

前衛に取り組むある人は、「テキトー」だとブログで書いていた。(ええっ!)
紙の上で長い毛の筆を「テキトー」に動かして何枚も書く。
その内で気に入ったのが出来上がれば終わり。
それで、公募展で連続入賞しているのだと言う。(何だとぉー!泣くぞぉー!)
(神様、この者に天罰をお与えください。)

タイトルも後付けで、イメージで「なんちゃらかんちゃら」と、
「テキトー」に付けちゃうらしい。
(神よ!この者に艱難辛苦を!)

これも優れた才能かもしれんが、
私なんか、甲骨文字とか他の作家の作品などをいろいろ見て、
書きたい文字やテーマを最初に決め、小さい紙にデッサンを繰り返す。
それが何日も続く。
決まったら大きめの紙に書き直し、本番。
本番でも修正を繰り返すのに…。

ググってみたものの、何の参考にもならなかった。
血圧が上がっただけだ。
やはりローマは1日にしてならずか。
真面目にやろう。


http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-208.html

2015年03月03日 (火) | 編集 |
IMG_2137.jpg


今朝の朝日新聞を見て「嘘っ?!」と口から出た。
京都の世界遺産、下鴨神社の境内にマンションが出来るそうだ。

余剰資金があれば購入するが、そんな金、あるわけない。
そう思いつつ、興味津々で記事を読み進めた。

なんでも、今年11月に着工し、2017年春に完成するという。
土地を開発会社に貸し、鉄筋3階建ての建物8棟を設け107戸を分譲する。
神社には年間8000万円の地代が入る仕組みだ。

なぜ、そこまでして収益をあげねばならないか?
同神社は今年、21年に1度、社殿などを修復する「式年遷宮」を迎えるため、
30億円の費用がかかるらしい。ところが、寄付が思うように集まっていないようだ。
そこで、このような奇策を思いついたとか。

なるほど、理由が分かれば納得する。
それにしても、下鴨神社は世界遺産で、
すぐそばには国指定の原生林・糺(ただす)の森がある。
周辺への影響はどうなのかとちょっとだけ心配だ。

とは言うものの、住んでみたい、その分譲マンションに。
糺の森は自然が豊かだ。朝起きて散歩に行けるだろうなぁ〜。
夏には蝉がうるさいが。

みたらし団子も近くに売っていたなぁ〜。
洋食の旨い店もあったなぁ〜。
京阪出町柳駅も近いしなぁ〜。
あ〜そうそう、漬け物の旨い店もあったなぁ〜。






早速、宝くじを買おうと思う私であった。
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-207.html

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。