趣味の書道・京都・写真をつれづれなるままに
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/?overture" target="_new

2014年11月23日 (日) | 編集 |
健さんの訃報から、未だに立ち直れないでいる私だ。(それだけ好きだった。)
追悼番組をチェックし、映画も見ている。
今日は遺作になった「あなたへ」を見ねば。

同作で、ビートたけし(以下たけし)が、
27年ぶりに健さんと共演して話題になった。
初共演はお隣の福井県美浜町を舞台にした「夜叉」である。

1985年のことだ。

ロケ地に選ばれたのは、
「漁師町の雰囲気がこれほど残っている場所は全国探しても珍しい」という
理由だったと記憶している。
確か、雪の多い年で、
美浜町はもとよりわが町・敦賀市でも雪の中で撮影が行われたらしい。

敦賀駅では、妻役の田中裕子が夫役のたけしを迎えるシーンが撮られた。
バックには「つるが~、つるが~」という構内アナウンスが流れている。
引き込み線のあった敦賀港でも、線路を映し込んで撮影されたようだ。

昨日TBSのニュースキャスターで、たけしが、健さんとの初対面を語っていた。
それによると、「夜叉」撮影のため夜遅く福井入りした際、
雪の降る駅のホームで健さんが花束を抱えて待っていたという。
「高倉です。ぼくの映画に出てくださって、ありがとうございます」と、
初対面で大スターにあいさつされ、ハートを掴まれたようだ。

さて、私が気になったのは、
たけしと健さんが「初対面を果たした駅のホームがどこか」だ。
たぶん、これはわが町・敦賀のJR敦賀駅だと思う。

福井入りと言っても、たけしが敦賀をやり過ごして福井駅まで行く必要はない。
健さんらキャスト、スタッフは当時、先行して美浜町のホテルに滞在していた。
美浜町に行くには、敦賀駅で小浜線に乗り換え、美浜駅で降りる方法がある。

しかし、小浜線は本数の少ないローカル線で、
たけしが夜遅く敦賀駅に到着して小浜線に乗り換えたとは考えにくい。
そんな遅くまで、小浜線は走っていないはずだ。

となると、敦賀駅で降り、健さんの出迎えを受け、
スタッフが用意した車で美浜町入りしたと考えるのが自然だ。

健さんとたけしが初対面を果たしたのが、敦賀駅。
そんなことを考えると嬉しくなった。
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-187.html
スポンサーサイト

2014年11月19日 (水) | 編集 |
久しぶりに胸にポッカリと穴が開いた。
この寂寥感は、こたえる。
昨日、俳優・高倉健さんの訃報を聞いた。

大好きなスターだった。

私の尊敬する役者のマイケル・ケインはこんな事を言っている。
「スターは役を自分に引き寄せ、役者は役に歩み寄る」

マイケル・ケインは千変万化。いわば後者の「役者」だ。
一方の健さんは「スター」だったと思う。
基本、私は役によって全く違う表情を見せる「役者」が好きで、
いつも同じような演技の「スター」は嫌いだ。

しかし、健さんだけは別格だ。大好きだった。
あの存在感、にじみ出る優しさ、自分への厳しさ等がたまらなかった。

あんな俳優はいない。
アマチュア劇団で、10年役者をしていた私が言うのだから間違いない。
(大した根拠ではないが…。)

実は、健さんとわが町、敦賀市はご縁がある。
1985年、健さん主演の映画「夜叉」のロケが行われたのだ。
雪が降る敦賀駅や港で撮影された。
1カ月ほど、隣の美浜町に滞在して、ロケのない日などは時折、
わが町の人気のラーメン屋に来られたとか。
ホントに評判通りの気さくな人柄で、
写真撮影にも気軽に応じてくださったと聞く。

銀幕で活躍する姿をまだまだ見たかった。
あと、しばらくは見せてくれると思っていたのに…。

健さんは酒は飲まず、コーヒーが好きだったと聞く。
私の属するFBの書道グープの今日のお題が、たまたま「熱い珈琲」だった。
健さんを偲んで書いてみた。
柿渋で優しく。

IMG_1712.jpg


ご冥福を心からお祈りいたします。

http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-186.html

2014年11月06日 (木) | 編集 |
世の中にはいろんな商売があるもんだ…。
京都で、恋に傷ついた女性の心を癒す
「失恋タクシー」が人気を呼んでいるらしい。

「なんじゃそりゃ?」(きわめておっさん的な反応の私。)
一番最初、目にした時の私の第一声だ。

「失恋レストラン」(by清水健太郎)なら知っとるが、(古っ!)
「失恋タクシー」は初めて聞いた。
私の大好きな京都で走っていることもあり、早速調べてみた。

「チェルカトラベル」という、京都が本拠地の会社のツアーらしい。
女性タクシードライバーが、指定の場所にお出迎え。
利用者を乗せておススメの癒しスポットを回る。

その後、貸し切りの茶室でお抹茶の接待があり、
メンタルチューナーという、タロットによる心理分析で、
元気が出る方法を教えてくれるらしい。
時間にして約4時間。

料金は、車両費、参拝料、メンタルチューナー実施料を含め、
1人(1台)18500円(税込)。
2人で1台利用の場合は、23500円。

オプションも各種用意されている。
その一つは登録スタッフとの発散トーク。(もちろん個人情報はしっかり保護)
「傷心ストーリー」を受け止めてくれるという。

紅葉の京都を巡る失恋タクシーでのツアー。
私のようなおっさんには、縁がないが、
若い女性にはいいかもしれん。

<チェルカトラベル>http://cerca-travel.co.jp/



さて、秋も深まり紅葉も進んできた。
私の京都紅葉の旅の計画もほぼ出来上がった。

今年は11月22日から1泊する。
初日は、京都国立博物館の鳥獣戯画展を見る。
昼間はこれでほぼ終了だ。

いかがか。私にしては、余裕の計画である。
いくら私でも、「学習機能」というものがある。
(私は今、モニターの前で、人生最高のドヤ顔をしている。)

その後一旦、宿に向かい荷物を預けて一息入れた後、(ゆとり!)
高台寺、圓徳院へ紅葉のライトアップを見に出掛ける。
いかがか。(本日2回目のいかがか。)
再び、人生最高のドヤ顔。
(同じ事を繰り返す。これが笑いのテクニック「天丼」だ。)

2日目は6時起床!(おっさんは目覚めが早い。)
宇治のパン屋(食べログ人気ナンバー1)の「たま木亭」でパンを買い、
青蓮院へ。
その後、京都市美術館でボストン美術館展を鑑賞する。
で、昼食、ショッピング、最後に二条城でアートアクアリウム展を見る。

もらったぁ!(何を?)
これ以上完璧な計画は無い!

喜び勇んで友人たちに概要を話したら、「10時就寝は早い」と爆笑された。
なんたることだ!
その反応に、「ばっかもーん」と私の中の人生幸朗師匠が爆発しかけた。




絶対、10時に寝かしつけて、
朝6時に叩き起こす。




http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-185.html

2014年11月03日 (月) | 編集 |
IMG_1651.jpg

11月1日から、私の初の個展(デザイン書道展)が地元の喫茶店で始まった。
私の師匠である、福井県書作家協会最高顧問・千葉半厓福井奎星会会長をはじめ、
社中の先輩方、高校美術部時代の同級生らにお越しいただいた。
この場を借りて、心から厚く感謝申し上げる。

書道を始めて10年、
「節目の年に何か」と考えていたところ、話が舞い込んだ。
やるからには、人と違う事がしたかった。
そこで、写真と書を合成した作品を作ってみたわけだ。

やってみた感想だが…。


反省。


このひと言に尽きる。
頭で考えたことと現実は全然違った。
お客さんの予想して作品を揃えたつもりだが、
反応は私の予想とは違っていた。

致命的なのは、目玉となる作品が無かったことだ。
数多く並べるために作品の大きさを小さく揃え過ぎた。
何か1点、これはという作品が必要だと痛感した。

さらに、喫茶店という会場も、考慮すべきだった。
コーヒーを飲みにきたお客さんもいる。
寛いでいる人に混じって、
来場者はなかなかじっくりと店内を歩いて作品は見てくれない。
作品数も抑え、ぽつぽつと飾るべきだった思う。

作品作りはもちろん、展示会場の設営など、
なにぶん、初めてのことが多かった。
失敗もあると覚悟していたが…。
お客さんの事、もっと考えるべきだった。

次回に大きな教訓を得た。
(次があればだけど。)

IMG_1645.jpg

IMG_1648.jpg
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-184.html

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。