趣味の書道・京都・写真をつれづれなるままに
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/?overture" target="_new

2014年09月27日 (土) | 編集 |
すっかり秋だ。
この季節、自称・京都通の私としては、地に足がつかない。
地上10センチぐらい浮き上がっている。(リニアか!)

耳を澄ませば、ほら、京都の紅葉が私を呼んでいる。(あぶないな。)
それぐらい気持ちは高揚感で溢れ、血圧もMAXだ。(あぶないな。)

と、いうわけで(どういうわけかは突っ込まないように。)
今年の秋の京都のおススメポイントを紹介したい。

まず、東山区の哲学の道にもほど近い「光雲寺」だ。
紅葉で有名な永観堂や椿で有名な霊鑑寺も近くにある。

こちらの寺が11月21日(金)から12月7日(日)まで特別公開される。
公開時間は9:00~16:00(※11/27(木)・28(金)は10:00~)
拝観料は大人600円、小学生300円だ。

見どころは2つある。

1つは、運慶作と伝わる「聖観音像」の公開。
厨子の金箔修復が終わり、初の特別公開となる。

2つ目は、7代目小川治兵衛作の池泉式庭園。
数多くの庭を手掛けた名人の、東山を借景とした美しい庭園が見られる。

map3.png

交 通
●京都駅から市バス5系統「東天王町」下車 徒歩約7分、
 または市バス100系統「宮ノ前町」下車 徒歩約5分
●阪急電車「河原町」駅から市バス32系統 「宮ノ前町」下車 徒歩約5分、
 または市バス203系統「東天王町」下車 徒歩約7分
●京阪電車「神宮丸太町」駅から市バス93・204系統「東天王町」下車 徒歩約7分
【住所】左京区南禅寺北ノ坊町


ここまでは、ふつうの観光ガイドだ。
自称・京都通の私はもうひとつ情報をプラスする。

地図をご覧いただきたい。
光雲寺のすぐ近くに「泉屋博古館」(せんおくはっこかん)というのがある。
これは住友家(住友金属)が運営する博物館だ。
ここで10月25日(土)から12月7日(日)まで、
「屏風で楽しむ京・名・物」が開かれている。

京都を描いた屏風展のようだが、会場には巨大スクリーンがあり、
細部を拡大して見せてもくれるらしい。

それだけではない。
同館には膨大な青銅器コレクションがある。これを見てほしい。
「どんだけ集めてん」と呆れるほどだ。

青銅器の壁面や内部に鋳込まれた「金文」の文字を、書道ファンに見てもらいたい。
優しく豊かで張りのある線に魅了されるだろう。

ここは、建物のデザインにも優れ、庭も美しい。
ロビーではお茶も自由にいただけてくつろげる。

<泉屋博古館>http://www.sen-oku.or.jp/
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-176.html
スポンサーサイト

2014年09月21日 (日) | 編集 |

公募展の大物、第63回奎星展の締め切りが近づいてきた。
今年は、10月30日から11月6日まで東京都美術館で開かれる。

私は昨年、準特選をいただき、奎星会正会員に昇格した。(もはや過去の栄光だ。)
前回はコーヒーで書いたものの、色に不満が残った。
錆びた赤茶色で書きたかったのだが、黄土色になってしまったのだ。

コーヒーは滲まない紙に書くと色が薄い。下の紙の白地が透けてしまう。
そこで墨を加えたが、今度は墨がコーヒーに勝ってしまい、黒っぽくなる。
悩み抜いて、配合を試して、なんとか妥協点の色で書いてみた。

今年は違う。研究した。そして思うような色を出した。(クーッ、苦節1年!涙ものだ。)
それがこの写真だ。(一部分)

IMG_1460.jpg

私が色に選んだのは「柿渋」だ。茶色がコーヒーより遥かに濃い。
これに、ソース、醤油、(おいおい)またまたコーヒーなどを加えてブレンドしてみた。
(もはや調味料だ。)

それで書いてみたら、い〜い色が出た。(うっとり。自画自賛。)

ところがだ、
すんごい匂いがする。(当たり前か。)
ビックリした。(するなよ!)

もともと、柿渋が臭い!
それにコーヒーの香ばしさとソースのスパイシーがないまぜになって、
えも言われぬむせ返るような匂いになった。
しばらく別の部屋で乾かしていて、乾き具合を確認しようとドアを開けたら
「モワッ」と漂ってきたので思わずドアを閉めた。
それぐらいすんごい。

数日放置したら、少しはおさまった。

「異彩を放つ作品」というのは耳にする。


だが、「異臭を放つ作品」を書いたのは


世界で私だけだろう。
審査員には、ぜひ、匂いも嗅いでほしい。(無理か。)

作品の搬入は10月25日。
まだ時間はあるが、秋は何かと忙しい。
やる事が多い。

http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-175.html

2014年09月19日 (金) | 編集 |
私は悩んだ。これを書くべきか、書かざるべきか。
「この秋、これを読んだ人が殺到したら嫌だ…」(また、ケチ臭い理由。)

でも、ネタが減ってきたので書く事にした。(苦しまぎれか。)

京都東山の青蓮院(しょうれんいん)が、東山山頂の将軍塚で、
大護摩堂「青龍殿(せいりゅうでん)」の建立工事並びに、庭園整備工事をおこなっている。
「それがどうした」といわれそうだが、話は最後まで。

まず、青龍殿だが、ここには国宝の仏教絵画・青不動が収められ、今秋公開される。
その青龍殿は、京都市上京区にあった「平安道場」。
大正天皇の即位を祝って大正2年に建てられたものが、移築される。

そして、青龍殿には、清水の舞台の4.6倍もの広さの舞台が整備される。
その舞台から、京都市街地が一望できる。(どうだ)

さらに、その周囲に庭園を整備している。
大モミジを移植するなど、紅葉シーズンが楽しみな情報だ。

10月4日に全ての工事が完成し、8日に落慶法要が営まれるらしい。

駐車場はないので、青蓮院からシャトルバスの利用になる。

この秋、新しい紅葉スポットにでかけてはどうだろう。

<青蓮院>http://www.shorenin.com/



<青蓮院のニュース>
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-174.html

2014年09月16日 (火) | 編集 |
まずは、「ぼやき漫才」でおなじみ、人生幸朗師匠のネタでお楽しみいただこう。

桜田淳子の『気まぐれビーナス』に対して。

幸朗 「皆さん聞いてくださいよ、なんですか、あの桜田淳子の『気まぐれビーナス』というふざけ歌。」
「『去年のトマトは青くて固かった、だけどいかが、今年はもう赤くて甘いでしょ…。』」
「舐めとんのか~~!!んなもん1年たったら腐っとるわいっ!責任者出て来~い!」

次第に秋も近づき、私のテンションも人生幸朗師匠のようにMAXになりつつある。(無理やりのこじつけ。)
なぜなら、大方がご存知だろうが、秋には京都の紅葉が楽しめるからだ。
秋は1年で一番好きな季節だ。

そこで、買ってしまった。秋の京都のガイド本を。(またか!)
一体、何冊あるか分からないぐらい増えてしまった。

IMG_1427.jpg

これを広げ、「さて今年はどこに行こうか」とあれこれ考えるのが私にとって至福の時だ。
昨年も書いたが、あれもこれもとよくばって計画し、
最後は破綻するのが毎年のパターンだ。(いいかげん学習せねば。)

ガイド本を見ていたら、「宿は2カ月前までに決めること!」というコラムが出てきた。
「(前略)9月頃には、ホテルや旅館が予約で埋まり始めます。(後略)」とある。
ひとこと言っていいだろうか。

「ウソつけ~!宿なんかもう、ほとんど埋まっとるわいっ!責任者出て来~い!」
(と、ここで冒頭に強引につなげる。)

今年は友人達と宿泊するつもりで、8月末ごろからホテルをあたったが、
ほとんど埋まっていて決まらなかった。
「ええかげんな事書くな~!おのれ、人をバカにしとんのかぁ~~~~っ!!!」
(と、私の中の人生幸朗師匠が怒鳴った。)

11月22日、23日が京都の紅葉の見頃と思われる。
この時期、京都で1泊をお考えの方、御愁傷様と言っても過言ではない。
手頃な値段で、京都市内で部屋を見つけるのは至難の技だろう。
(あったとしても、ビックリするほど料金が高い。)

私も苦労して、少し郊外になるが、宇治市の民宿を確保した。
(それもやっとの思いで。京都通の私とした事が……。)

もう一つ、私からのアドバイスを。
「紅葉シーズンの市バスは、アテにならない。できるだけ電車で移動せよ」だ。
市内が渋滞し、市バスは時間に遅れる事もある。
それより、観光地へ向かう乗車客でいっぱいになり、
バス停をスルーすることが多々ある。(アナウンスで断りながら。)
昨年は立て続けに2便、満車のバスを見送った。

私の計画では、今年は鳥獣戯画展と、
紅葉のライトアップを見るつもりだ。

詳細は後日発表。


http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-173.html

2014年09月14日 (日) | 編集 |
昨日の土曜日(9月13日)、嬉しいことがあった。

「まあ、みなさん聞いてください」(漫才の人生幸朗師匠のモノマネで。二回目)

言っておくが、ブログでモノマネするのは、
世界で私だけだ。

しかも、大して似てない。「意味ね~っ」(関根勉のモノマネで。)

暖まったところで、本題だ。

昨日、春から取り組んでいた臨書が終わった。
今年の3月ごろ書道の先生から、中国の褚遂良(ちょすいりょう)が書いた
「枯樹賦」(こじゅのふ)の臨書を言い渡され取り組んでいた。

少しずつ書いては先生に見せ、指導を仰ぐ事を繰り返すことおよそ半年。
毎回、厳しいダメ出しをもらって落ち込んだ。

「線の息が短い。もっと長く」「手本を見ていない。よく見ろ」
「君は浮気性だ。一つの作品と長くつきあって臨書しろ」
「ためが足らない。もっとためろ」

と、いろいろ言われた。全てごもっとも。でも、何度書いても相手は手強い。
途中、創作のため空いた期間はあるが、4カ月ほど「枯樹賦」と向き合わされた。

そしてようやく、昨日、
「まあ、いいだろう。次の段階に進んでよし。新しい臨書作品を選びなさい」と言われた。

正直嬉しかった。

下の写真は先生に提出した「枯樹賦」だ。何百枚かあるだろう。
(これは提出したもので、失敗したののがもっとある。)

IMG_1404.jpg


下は臨書を始めたころの写真。線が軽い感じがする。

IMG_1412.jpg


終了段階。線に重みが出たか。
ここまで来るのに何カ月もかかった。それでも下手だ。
(先生のお目こぼしで先に進めたのかもしれん。)

IMG_1411.jpg

嬉しい事と同時に悲しい事もあった。(喜んだり悲しんだり忙しい。)
私は、少し前からネットの書道サロンに作品を投稿している。
毎日お題を頂戴し、翌朝、作品をフェイスブック上で見せ合う。
そこで書きためた作品を先生に見せてみた。

私としては自信作もいくつかあったのだが。
全て一笑に付された。

木っ端みじん、ナノレベルまで分解された気分だ。
何の評価も労をねがらう言葉もなし。

「変化がない」「全てに頑張り過ぎ」「印の位置が悪い」
「遊びがない」「線の太さが同じ」「つまり過ぎ」「構成が悪い」
「余白がない」「切れている」などなど。

酷評された。
「どないしたらよろしおますの?」で、昨夜は飲んだ。
祝い酒かヤケ酒か分からん酒だった。

11月に小さな小さな個展を予定している私への、叱咤激励であろう。
それでも、私は先生に破門覚悟でひとこと言いたい。




「先生、私は褒められて伸びるタイプです」



いちおう、すっきり。(これで?)


書道をたしなむ理由は人によってさまざまだろう。
私の場合は、書道が上手くなりたいからだ。「書家」になりたいとは、思わない。
むしろ私が憧れるのは、いろいろな文字を書きこなす「筆文字職人」である。
古典を学んだ上で「筆文字」を書きたい。前衛書もやりたい。
段位はいらない。書作家協会に入る気もない。

ただ、この道の先に何があるか、それが見たいだけだ。

書道は一握りの「書道エリート」だけのものであってはならない。
それでは書道は衰退する。

書道を愛する人全てに、書道の神様は微笑むと私は思っている。
書道には人それぞれの楽しみ方がある。それでいい。
レベルは問わず、楽しければいいのである。


http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-172.html

2014年09月10日 (水) | 編集 |
負けた!錦織選手が負けた…。私のせいかもしれん…。(大袈裟?)
ブログで、彼の活躍をやっかむことを書いてしまった。

それを読んだ彼が、調子を崩して…。
だったらどうしようかと思う、ノミの心臓の私だ。

先日、錦織選手の躍進をひがんだら、ある人から「応援しましょう」と諭されてしまった。
私も深く反省し、応援する側に転じた。(私は、コロコロ変わる。)
日本人初の全米オープン制覇に夢を託した。
でも、結果は残念ながら準優勝に終わった…。

私が興味を抱くのは、「彼に影響を与えたものは何か」だ。
例えば、彼の師匠(?)松岡修造は、
テニス漫画の金字塔「エースをねらえ!」をバイブルとして読んでいた。
(熱すぎる彼らしいエピソードだ。)

ほかのジャンルでは、海外の一流サッカー選手に、
「キャプテン翼」のアニメを見てプロを目指した者も多いらしい。
また、二足歩行ロボットの日本人研究者の多くは、手塚治虫の「鉄腕アトム」を読んでいて、
この分野で世界のトップを独走している要因になっていると聞く。

錦織選手が、何から影響を受けたかはわからない。
しかし、彼が、後に続く子ども達に大きな影響を与えるだろうことはわかる。
多くの子ども達が錦織選手に憧れてテニスを始めるだろう。

翻って、書道界だ。

かつて書道人口は1千万人を超えていた。
それが、750万人になり、今では300万から400万人とも言われている。
映画や漫画、書道甲子園、書道パフォーマンスで盛り返してはいるが、
昔ほどの勢いはない。

私は、書道界にもスターが必要だと以前から思っている。
これからの書道界を牽引する若き超天才がいたら、書道はもっと盛り上がるのに。

これに対して、「柿沼康二がいるじゃないか」という声が聞こえてきそうだ。
確かに、柿沼康二は天才書家だと思う。私も大好きだ。



でも、顔が怖い。



40過ぎてて、金髪で、うっすら口髭はやしてて…。
私は最初見た時、「チャイニーズマフィアか?」と思った。
(しまった!また、まずい事書いたな…。)

ということで、スターにはビジュアルも大切なのだ。
柿沼康二ばりに才能があって、ルックスも申し分無し。
そんな若い書道家が現れないだろうか…。

書道界も若返りが必要だ。

と、真面目に締めくくったが、問題発言かなぁ。
また、自分で世間を狭めたかもしれん私だ。
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-171.html

2014年09月05日 (金) | 編集 |
昨日(9月4日)、福井県立美術館へ第65回福井県美展を見に行った。
書道部門に出品しているからだ。

私は昨年は審査員特別賞、今年はさらにその上を目指して出品した。
このブログでも、さんざんその経緯を書いてきた。
で、その結果だが…。

入選止まりだった…。

大後退である。ショックに打ちひしがれた。
世界中のハッピーな人間がねたましく思った。(私の性格は歪んでいる。)

全米テニスでベスト4に進出した錦織圭には、特に怒りが沸いた。(なぜ!矛先をそこに向けるか。)
日本中で私だけだろう。(戦時中なら厳罰だ。)

で、自分の作品だが、美術館で見たら、あんまり大した事なかった…。(なんだそりゃ。)
「錦織に謝れ!」という声が聞こえてきそうだ。(受け流す。)

作品を見て、遠目からでは印象が弱い事に気づいた。
部屋で見ていて分からなかった…。
離れて見ることの大切さを知った。
(素直に現実を受け止めねばなるまい。)

入賞した皆さん、お、お、おめ、おめで、おめでとう……。(手が震える。)
本当に器の小さな私であった。

あ、入選した作品がこれだ。(下の写真)
恥ずかしいので、いつもよりサイズを半分にした。(なんてやつだ!)

IMG_1358.jpg



http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-170.html

2014年09月01日 (月) | 編集 |
世間では「ありのままで」などというアニメの主題歌が流行っとるようだが、
何をか言わんやだ。
(今、世界のディズニーとディズニーファンに喧嘩を売った。まずい?)

私にすれば、ちゃんちゃら可笑しい。(急に怖くなって…)


私は恥ずかしくて「ありのままで」ブログなんか書けん!
このブログは、初めからキャラを設定して書いている。
こんな感じだ。

「基本はめちゃくちゃ真面目な、小心者で年齢不詳のおっさん。
書道をたしなみ、カメラを持って京都を旅するのが好きだ。
その書道とカメラは、大した腕ではない。ただ、書道に関しては賞を取るのに夢中。
時々、小心者ゆえの卑屈な顔を覗かせる」(屈折しとるな…。)

「書道・写真・京都」というテーマを掲げてブログを始めたまではよかった。
が、もともと、書道も写真も未熟だ。読者に有益な情報が発信できないのだ。
(なぜ、はじめにわからない…。)
京都に至っては、京都に住んでもいない。(問題外やん。)
京都人の新鮮な情報に勝てるわけがない。(最初から負け戦だ。)

当初、「笑い」は「スパイス」だった。だが、ネタにも詰まってきて、
姑息なギャグでドンドン膨らませるようになってしまった。
最近では内容の感想ではなく、「笑わせていただきました」というメールをいただく始末だ。
また、それを喜ぶ私。(あかんがな!)
このスタイルは、当分続くと思う。

さて、今日から9月。1年が早い。年賀状のシーズンだ。(強引な論理展開。)
私は年賀状素材を販売サイトに提供しているので、もう作っている。
この時期には、来年の干支を探して京都へ行き、カメラに収める。
過去に作ったのがこれだ。

img179.jpg

nenga1.jpg

img180-2.jpg

img180-1.jpg

nenngajo-1.jpg

というように、京都で干支の写真を取っている。
(写真も文字も私の作品だ。)

来年の干支は「羊」。京都のどこに羊がいるか調べたら、
嵐山の法輪寺にあることがわかった。

9月の中旬ぐらいに撮影にいこうかと思う。

販売サイトに、提供する年賀状用の筆文字も書いてみた。
これだ。




arino.jpg

ディズニーに魂を売った私である。

http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-169.html

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。