趣味の書道・京都・写真をつれづれなるままに
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/?overture" target="_new

2014年01月31日 (金) | 編集 |


IMG_04*70


京都をこよなく愛する私には、バイブルがある。
いや、正確には
「京都の写真を撮るアマチュアカメラマンの私のバイブル」だ。(長い!)

写真集「京都 風の色」(2400円+税)と「京都名庭園」(1600円+税)の2冊。
いずれも、光村推古書院の発行で著者は水野克比古さんだ。

水野さんは京都在住のカメラマン。
京都生まれの京都育ちで、
50年以上も京都の自然や風景、伝統行事などを撮り続けている。

京都を撮らせたら右に出る人はいない。
いろいろな雑誌の京都特集に使われている写真で、
「撮影・水野克比古」のクレジットを何度も見た。
京都の写真集も100冊以上出している。

私が大好きな1枚は、「京都 風の色」に収録されている。
雪の夕暮れの八坂の塔を写した作品。
全体に青みがかり、京の町家と八坂の塔にうっすらと雪。
そのむこうに河原町あたりのビルの明かりがぼんやり。

普段は許可されないビルから特別に撮影したそうで、
かなり高い位置からなのがわかる。

その水野さんに、4年前の2月、北野天満宮でお会いした。
(お会いしたというより、目撃したが正しい。)
三脚を立て、雪が積もった紅梅を狙っていた。

私はドキドキだったが、カメラを持ったおばちゃんは、度胸がいい。
水野さんに話しかけ、しっかりアドバイスをもらっていた。
(いつも、肝心な時に1歩が踏み出せない私だ。)

さて、春のおススメスポット第2弾は北野天満宮。
梅が咲き始める2月下旬から3月上旬がいいと思う。
かぐわしい梅の香りが境内に漂っている。(本当に!)

毎月25日は天神市が立つ。食べ物や骨董、古着、
アクセサリー、書道用具とさまざまな露店が並ぶ。

また周囲にはいろいろなおいしい店もある。
一つは、粟餅所・澤屋。餡と、きな粉の粟餅がいただける。
天満宮のまん前だ。

<粟餅所・澤屋>
京都市上京区今小路通御前西入紙屋川町838-7
TEL075-461-4517
営業時間 9:00~17:00(売り切れ次第終了)
定休日 毎週木曜日・毎月26日

もう一つは、天満宮を出て東へしばらく歩くと見えてくる
みたらし団子の日栄堂。
ご高齢のご夫婦で営んでおられる。
みつが薄味で、団子がもっちり。1本に3玉で110円。
私は大好きだ。

<日栄堂(にちえいどう)>
京都府京都市上京区今出川通七本松東入ル西上善寺町189
TEL075-463-0455
北野白梅町駅から898m
営業時間 11:00~17:00(あくまでも目安・売り切れ次第閉店)
定休日 金曜日

「京都 風邪の色」は、眺めていると癒される。
この本が、昨年末の大掃除で2冊あることに気づいた…。
(買ったことを忘れて、また買っていた!)
我が身の老化に驚愕した。


http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-92.html
スポンサーサイト

2014年01月29日 (水) | 編集 |
4月1日(火)~13日(日)まで、
京都市左京区の霊鑑寺が特別公開される。
私はこのお寺を春の旅行におススメする。

霊鑑寺は、「椿の寺」として有名で、
こじんまりとした境内に、30種類以上の椿が咲き乱れる。
花が好きな女性には特に薦めたい。

門跡寺院とつくので、天皇家と縁が深い。
歴代皇女が住職を務められており、天皇皇后両陛下も、
平成21年11月20日にご訪問されている。

春と秋しか公開されない。公開期間も短い。
私は秋に訪れたが、春はまだ。今年は行ってみようかと思う。

ただ、要注意は公開期間が桜のシーズンと重なっていることだ。
交通機関のマヒ、渋滞にはくれぐれもご注意を。
(私は昨秋、それでエライ目に遭った。)

【正式名称】霊鑑寺(れいかんじ)
【住所】左京区鹿ヶ谷御所ノ段町12番地
【電話番号】075-771-4040
<京都市観光協会>http://www.kyokanko.or.jp/reikanji_haru/

■期 間:平成26年4月1日(火)~4月13日(日)
     ※法要等により拝観できない日や時間帯が生じる場合があります。
■時 間:午前10時~午後4時(受付終了)
■拝観料:大人 600円・小学生 300円 ※15名以上の団体は1割引

●交通
京都駅、地下鉄烏丸線「四条」駅、京阪電車「三条」駅より市バス5「真如堂前」下車、徒歩約5分

地下鉄烏丸線「四条」駅、地下鉄東西線「京都市役所前」駅、阪急電車「河原町」駅より 市バス32「上宮ノ前町」下車、徒歩約5分

京阪電車「神宮丸太町」駅、地下鉄烏丸線「丸太町」駅より市バス93・204「真如堂前」下車、徒歩約5分

京阪電車「祇園四条」駅、阪急電車「河原町」駅、地下鉄烏丸線「四条」駅より市バス203「真如堂前」下車、徒歩約5分

京都駅、京阪電車「七条」駅より市バス100「宮ノ前町」下車、徒歩約5分

map_reikanji.jpg
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-91.html

2014年01月27日 (月) | 編集 |
昨日は、第61回福井奎星展の最終日。
福井県立美術館に出掛け、鑑賞と奨励賞の受賞に臨んだ。

私は昨年は奎星賞だったが、今年は1段下がって奨励賞にとどまった。
会場の受付で大先輩のWさん(年配のご婦人)に遭遇すると、
「何やってんの。こんな低い賞ではだめよ!もっと上を目指しなさい」と
ゲキを飛ばされた。
(この人には今年も頭が上がらないと実感する。)

IMG_0427.jpg

会場で目を引いたのが、巨大な段ボールの筒だ。(上の写真)
会員による共同作品で、金文の文字が貼付けてある。

奎星会はこういう自由で面白い展示をする。
一般的な書道展は壁に沿って見て回るのがほとんど。
だが、奎星会は、会場の中心も使う。そこに人が集まる仕掛けがしてある。

IMG_0430.jpg




こんな長〜い作品もある。(下の写真)5メートルぐらいあるだろうか?

IMG_0435.jpg


こちらは私の師匠、福井奎星会会長の作品だ。(下の写真)
古代文字をベースにした前衛書。すべて「馬」と書いてある。

IMG_0436.jpg


そしてこれが私の作品だ。奨励賞をいただいた。題名「玄」。

IMG_0447.jpg

私の作品の評価はともかく、出品者の創作意欲が伝わる、
いい作品展だったと思う。
大いに刺激を受けた。写真を撮りまくった。

参考になるテクニックも多数。ひらめきもあった。
今春の教室で、試してみたい展示方法も思いついた。

収穫は多かった。でも、実力がついた訳じゃない。
地道に努力せにゃいかんなぁ〜。



http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-90.html

2014年01月24日 (金) | 編集 |
img333.jpg


禁断症状かもしれない。
昨年の大晦日に京都へ行ってから、およそ1カ月。
私の中の京都好きの虫がうごめき始めた。
(だめだ!我慢できない!京都へ行きたい!心に潤いがほしい!)

駅へ行って、「京の冬の旅」のパンフレットをもらってきた。
1月10日から「京の冬の旅」のキャンペーンが始まっている。
3月18日まで、普段は見ることの出来ない非公開文化財が特別公開されるのだ。

パンフレットを見ると、う~ん、行きたいとこばかりではないか!
今年は初公開や久しぶりの公開の寺院、庭園、美術品などが多い気がする。

どこに行くべきか悩む!効率よく回るルートを2時間ほど考える。
(もっと時間を別のことに使えばといつも思う…。)

IMG_0422.jpg


決めた!今年は妙心寺を攻めることにした!(晴れ晴れとした気分だ。)
なぜなら妙心寺では、初公開と7年ぶり公開の塔頭が計3つもあるからだ。
デカいお寺だが、同じ境内(敷地内)なので効率よく回れると踏んだ。

まず、「聖澤院(しょうたくいん)」。
ここは狩野派と文人の水墨障壁画が初公開される。

次に、「大法院」。真田家の菩提寺らしい。
写真でみると露地庭園が美しい。同じく初公開。

3つ目は「龍泉菴(りゅうせんあん)」。
豪快な龍の襖絵が7年ぶりの公開だ!

妙心寺の後は四条河原町へ出て食事をして、
「建仁寺 開山堂」へ。水墨画の竜虎図が8年ぶりの公開。

ん、待てよ。四条河原町までどうやって出たらいいんだろう?
(もやもやとした気分になってきた。)


<京の冬の旅>京都市観光協会 http://www.kyokanko.or.jp/
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-89.html

2014年01月19日 (日) | 編集 |
IMG_5025.jpg

東山区の南禅寺境内を、レンガ造りの建造物・水路閣が走っている。
琵琶湖から京都に水を引き入れる琵琶湖疎水の一部だ。

琵琶湖と京都を結ぶこの運河は、
5年の歳月をかけて1890年(明治23年)に完成した。

なぜ、琵琶湖疎水は造られたのか?
明治維新で政治・経済・文化の中心は東京に移り、京都の産業は衰退し続けていた。
その復興策として当時の京都知事、北垣国道が計画したのだ。

この事業規模は金の面から見ると驚く!
当時の「国の土木総予算」が100万円。それより(国より)多い125万円だ!
京都の事業というより「国家プロジェクトだった」と言ってもいいだろう。

その工事全体の責任技師に、北垣知事は、世間の度肝を抜く人事を敢行する。
田辺朔郎(たなべさくろう)という技師の抜擢だ。
当時、田辺は何歳だったか? なんと23歳だ!!(信じられん!)

京都、いや国家を左右する1大プロジェクトに、
東京大学工学部を卒業したばかりの、23歳の青二才を起用したのだ!
ない!今の時代、絶対にない!

ウルトラ人事だったが、田辺朔郎は超優秀だった。(当たり前か。)
東大工学部校長の大鳥圭介が太鼓判を押して北垣知事に推薦し、
北垣も田辺の人間性と見事な卒論に惚れ込んだらしい。

かくして、田辺朔郎は苦難の末27歳でこの大事業を完成させた。

京都を一望できる蹴上広場にコート姿の田辺朔郎の銅像が立っている。
これが、イケメンなのだ!
肖像写真をネットで検索してもらえばわかる!

さて、ココからは私の願望だ。
田辺朔郎のエピソード、大河ドラマにならないかなぁ…。
NHKさん、お願いします。
あ、脚本は三谷幸喜で。
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-88.html

2014年01月18日 (土) | 編集 |
IMG_0417.jpg

変わっている。
洋菓子のようでもあり、和菓子のようでもあり。

先日食べた「あんdeケーキ(まっちゃ)」というお菓子だ。
京都の二条城近くの「都松庵」(とうしょうあん)で作っている。

生地に小麦粉を使っていない。すべて「餡」だ。
宇治抹茶がどっさり使われているらしく、甘みは抑えめ。

HPによると、
「食物繊維やポリフェノールを豊富に含み、とてもヘルシーなケーキ」とある。

気になるメニューはまだある。
餡を使ったシュークリーム「あんdeシュー」だ。
これは店頭販売のみ。(行くしかない。)

<都松庵>
〒604-8333 京都府京都市中京区堀川三条下ル
下八文字町709 都壱番舘三条堀川1F
TEL:075-811-9288
FAX:075-801-1658
http://www.toshoan.com/
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-87.html

2014年01月14日 (火) | 編集 |
img320.jpg

やられた!後頭部をガツンと殴られた感覚だ。

ぶらりと出掛けた本屋で、発売間もない京都のグルメコミックを見つけた。
何気なく手に取り、パラパラと読んでみた。
『目新しい情報などないだろうが、まあ息抜きに読んでみるか』程度の気持ちだった。

なめていた。思い上がっていた。
著者のてらいまきさんに土下座しなければならない。

私の知らない情報がいくつも掲載されていた。(くっ、悔しい…。)

私ほどの京都通になると(いきなり、天狗。)、
常日頃、京都のグルメガイド本を読み倒し、ネットもこまめにチェックしているので、
大抵のおいしい店は分かる。
(全ては行ってはいない。行っちゃいないが、結構、知ってはいる。)

ところが、この本のほとんどの店を知らなかった。

まず、パンだ。

京都はパンの激戦区だ。京都人はめちゃめちゃパンを食す。
日本一のパンの町だ。
その中でも人気らしい店、「Flip up!」(フリップアップ)。
知らなかった…。ベーグルが大人気らしい。

つづいて、ドーナツ専門店「ひつじ」。(チェーン店ではない。)
おしゃれな外観で、生地がフワフワだと?(全く知らない)

それから、祇園の鶏料理の店、「鶏匠舞 佐平」(とりしょうぶ さへい)。
刺身や手羽塩、だし巻をはじめ、さまざまな希少部位も提供しているらしい。
しかも、祇園の真ん中にありながら、良心的なお値段だ。

さらに、鯛焼きの「こたろう」。
なんと、朝6時から営業しているという!
しかも、今では珍しい1丁焼き。(1匹ずつ焼きごてで焼く。)

これ以外にも、「うめぞの CAFE&GALLERY」とか、
「麺屋 極鶏」「たすく」「SAKE Cafe ハンナ」「山﨑麺二郎」など、
私が見たことも聞いたこともない店が載っている。

参った。出直してきます。


「ご当地グルメコミックエッセイ まんぷく京都」
著者/てらいまき・吉田志帆
発行所/株式会社 KADOKAWA
価格/1100円(税別)


<ひつじ>
TEL075-221-6534
住所 京都府京都市中京区大炊町355-1
交通手段 地下鉄丸太町駅から520m
営業時間 10:00~19:00
定休日 月曜、火曜
https://www.facebook.com/pages/ひつじドーナツ/361742430621952

<Flip up!(フリップアップ)>
TEL075-213-2833
住所 京都府京都市中京区押小路通室町東入ル蛸薬師町292-2
交通手段 地下鉄「烏丸御池」駅から徒歩5分 烏丸御池駅から247m
営業時間 7:00~18:00
定休日 月曜・日曜

<鶏匠舞 佐平(さへい)>
TEL075-551-6606
住所 京都府京都市東山区花見小路富永町上ル清本町352 サキゾウビル 1F
交通手段 祇園四条駅から344m
営業時間 18:00~翌3:00 夜10時以降入店可、夜12時以降入店可
定休日 日曜・祝日

<こたろう 京都店>
TEL090-3238-0297
住所 京都府京都市左京区仁王門通新堺町東入ル和国町370
交通手段 三条京阪駅から327m
営業時間 6:00~21:00 日曜営業
定休日 不定休

http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-86.html

2014年01月12日 (日) | 編集 |
img319.jpg

私が応募した書道展が、もうすぐ始まる。
第61回 福井奎星展だ。

1月24日(金)から26日(日)までの会期。
開場時間は午前9時から午後5時。(最終日は午後4時まで)

場所は福井県立美術館だ。(福井市文京3-16-1 電話0776-25-0452)
入場無料。大勢のご来場をお願いしたい。

作品は会員と公募によるものに大別される。
毎年、会員は前衛書から創作書、臨書など幅広く出品している。
バラエティーに富んだ作品展になることは間違いないだろう。

私は昨年末、先生に促され滑り込みで応募した。
その結果、奨励賞に入ることが出来た。
新年早々、まずまずの成績だ。

さらに、先日、東京の奎星会事務局から正会員昇格の通知をいただいた。
昨秋、東京で行われた第62回奎星展の入賞によって選出されたと想像する。

先生に報告すると、
「これからだ。ここから上らなきゃいかん」と戒めの言葉を頂戴した。

嬉しいことではある。
しかし、素直に喜べない。私はブルーな気分だ。

「年会費、なんとか安くならないかなぁ…」とため息が出る。(原因そこ?)

ケチと言われてもいい。奎星会に楯突くつもりもない。
ただ、書道はさまざまな経費がかかり過ぎの印象は否めない。
(この発言でもう除名かな?)

承諾書を郵送したが、複雑な気持ちだ。
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-85.html

2014年01月10日 (金) | 編集 |
雪

もじの素(風味豊の筆文字)

今朝の情報番組「おはよう朝日です」で、京都の町中の映像が流れた。
見れば、雪景色ではないか。
思わず、駅へ行き乗車券を買って京都へ向かおうかと思った。

それぐらい、京都の雪景色は私の憧れだ。

1度は見たいのが、雪に染まった金閣寺。
カメラに収めたいと願っているが、ここ10年で1度も実現していない。

思い出されるのが2010年の12月31日、京都は雪だった。
午前9時ごろ、私は東山区の維新の道という長い坂を、
うっすら積もった雪を踏みしめ上っていた。(気分は勤王の志士だ。)

目指すは霊山護国神社(りょうぜんごこくじんじゃ)。
坂本龍馬の墓だ。

その年、福山雅治主演の大河ドラマ「龍馬伝」が大ヒットした。
龍馬ファンの私はドラマを見て、「1年の〆は龍馬の墓で」と決めていた。
ちなみに、ドラマを見続けるうちに私は福山雅治のファンにもなっていた。
(感化されやすい私だ。)

坂で2回コケながら、龍馬の墓に辿り着き、振り返ると京都の町が見渡せた。
八坂の塔も京町家も静かに降る雪にけぶって見える。
忘れられない光景だ。

その景色を見ながら私は気づいた。

カメラを忘れてきたことを。

ショックに打ちのめされて帰宅して、また気づいた。

iPhoneを持っていたことを。(撮れたやん!)
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-84.html

2014年01月09日 (木) | 編集 |


私の大好きな正月も終わった。
(正月がいつまでかよくわからないが、終わったと思う。)
前にも書いたが、その喪失感、寂寥感はハンパない。
胸にポッカリ穴が空いた気分だ。

5日には書道教室の書初め会が行われ、楽しいひとときを過ごせた。
だが、私としては反省も残った。
もっと、スタッフのお手伝いが出来たら良かった…。
来年の課題だ。

さて、今年も9日が過ぎ、
コンビニでは恵方巻の予約受付が始まっている。(世の中、早い。)
私も、頑張って「恵方巻」と書いてPIXTAで販売を始めた。
(アクセスはそこそこだが、まだ売れてはいない。)

起筆を丸めてゆったりしたイメージで書いてみた。
中国の書家・顔真卿(がんしんけい)っぽいか?

これから、ぼちぼち作品も書いていく。
さらに今年はネットショップの立ち上げを考えている。
(全然、自信ないけど。)
ほかにも、春からちょっと…。

このブログを通じてお知らせしたい。


http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-83.html

2014年01月02日 (木) | 編集 |
あけましておめでとうございます。
(まずは、新年のご挨拶からだ。)

下の写真は、私の今年の年賀状だ。

nenngajo.jpg

馬の写真も文字も、デザインも私だ。(手間掛け過ぎか?)
これを今年は100枚送った。(ちょっと知り合ったら、もう友達だ。)
迷惑だったかもしれん。

さて、12月31日を写真でざっと振り返っておこうと思う。(忘備録だ。)

まず、京都の伏見稲荷へ行った。
京阪の駅は朱塗りで、いかにもという配色だ。

IMG_0356.jpg


午前10時前ぐらいだが、ご覧のように人が少ない。
露店も準備中だ。

ここで、郵便局の配達員らしき人物が、
稲荷界隈の商店や民家に1日早く年賀状を配っているのを見つけた。

おそらく、元日は配達できないほどの人出なのだろう。

IMG_0355.jpg

続いて、来たのが京都市役所前の地下街ZEST。
こちらも、こんな風に人がいない。

IMG_0358.jpg


1年ぶりにカレーの店「白川」へ。

IMG_0359.jpg

注文したのがビーフカレーの大盛り、大辛。
ライスはマッシュルーム入り。
ここの店は肉の量が凄い!

IMG_0362.jpg

続いて、寺町通り。12時ごろ。
ここもこんなもんだ。

IMG_0363.jpg

書道用品が揃う鳩居堂へ。
ここでは張り子の獅子舞を買った。

IMG_0364.jpg

この後、錦市場へ向かったが、ここはさすがに込んでいた。
人ごみをかき分け購入したのが、こちらのしめ飾りだ。

IMG_0368.jpg

今はのんびりした正月を過ごしているが、
5日には書道教室の書初め会がある。
その準備が4日。明日はそのための買い物だ

http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-82.html

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。