趣味の書道・京都・写真をつれづれなるままに
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/?overture" target="_new

2015年01月24日 (土) | 編集 |
IMG_1907.jpg

昨日、私が写真と筆文字素材を提供しているサイト「PIXTA(ピクスタ)」から、
記念品が届いた。
先般、このブログでもお伝えしたように、
私は2014年度ピクスタ クリエイター売上ランキングで、福井県第1位に選ばれた。
届いたのはその記念品だ。

ありがとうございます。

いただいたのは、アクリル製の楯とステッカーと手ぬぐいだ。
なぜ、手ぬぐいなんだ?(ここは突っ込まずにはおれん。)

正直、ちょっとガックリきた。(もらっておいて…。)

私はクオカードか図書カードを予想していた。500円分の。
手元にあるのは、500円以上のものかもしれんが…。
これではモチベーションというものが…。

こんなことを書くと、
クリエイター登録を抹消されるかもしれん。
しかし、それにしてもなぁ…。

しかたがない。自分で自分にご褒美を与えるしかない。
今月末にでも、京都へ行くか。

結局、京都へ行く理由が欲しいだけの私であった。





http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-201.html
スポンサーサイト

2015年01月10日 (土) | 編集 |
更新が空いてしまった。
少し、落ち着いたので最近の出来事を書こうと思う。

私は3年半前から、
写真販売サイト「PIXTA」(ピクスタ)で写真と筆文字の提供をしている。
(始まりはいつもここからだ。)

先日、そのピクスタからメールが来た。
それによると、「2014年度 都道府県別クリエイターランキング」で、
福井県で1位の売り上げを上げたらしい。

ああ今、私の耳には鳴り止まぬ万来の拍手が…。
目の前にはスタンディングオベーションの大観衆が…。(もちろん妄想だ。)

2014年に、私の作品をダウンロードしてくださった皆さんに、
この場を借りて御礼申し上げます。
ありがとうございました。

発表は17日のピクスタクリエイターAWARDで行われるとか。
その様子はUstreamで生放送するという。
(どうやって見たらいいのか、わからない私だ。)
記念品もいただけるらしいので、私としてはそちらが楽しみだ。

県内1位といっても、果たして福井県で、何人がピクスタに登録しているのだろう?
2人や、私1人だったらマジ倒れる。
何人中ということを明らかにしてほしいもんだ。

何度も書いてきたが、私の今のレベルはとても公開できる金額ではない。
でもなぜ続けるかといえば。
趣味の写真と書道の勉強になっているからだ。
(どんな作品が買われるか考えながら取り組むのは実力アップに効果的である。)
一応、確実にランキングもダウンロード数も伸びてきている。

つまり、趣味と実益を兼ねられるので続けているのだ。

ピクスタで生活費を賄っているトップクリエイターは確かに存在する。
(中には年収2000万円という人も!シェーッ!!ほんまかいな?)
しかし、それは雲上人である。ほんの一握りに過ぎない。

一攫千金を夢見て始める方もいるだろうが、私はお勧めしない。
どうしても始めたい方がいたら、私からのアドバイスは…。

「登録作品を1000点までは作り続けなさい」である。
ここまで続けば、実力も少しは向上しているはず。
また、私の経験では1000点溜まると、コンスタントに出るようになる。

いずれにしても「継続は力なり」だ。
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-198.html

2014年12月19日 (金) | 編集 |


私は、素材販売サイト「PIXTA」に写真と筆文字を提供している。(知ってるって?)
毎年11月から12月は、年賀状素材を中心にダウンロード数が伸びる。
まさに、書き入れ時なのだ。

別の言い方をすると、
この時期以外は大して売れない。(現実はキビシ〜イ。)

今月は、昨年同期比で2点の微増である。
年末までにどこまで伸びるかだが、たぶん昨年より若干増えるだろう…。

くれぐれも言っておくが、
この数字でも売り上げは「ハナクソ」程度である。ほんとにハナクソ。
(何度も言うなって?)

昨年12月、私が公開していた作品は約700点。
1年後の今年は約1200点。
ここまで保有するとコンスタントに出るようだ。

筆文字を販売したのは、自分の作品が売れるのか試してみたかったからだ。
最初は、先輩方にばれたら「邪道」と非難されるかもしれないと、後ろめたい気分で始めた。
(この間11月の個展で、カミングアウトした形になり、知られてしまった。)

やってみて、自分の感覚とマーケットの反応にズレがあるのが実感できた。
自信作が売れるとは限らないのだ。(マッチするときもある。)

今ではマーケットの反応を考えて書くようになった。
良いか悪いかはわからない。ただ、趣味で書いていたときには、
持ちえなかった視点であることは間違いない。

あ、そうだ。
私の作品をご購入いただいた方、ありがとうございます。
この場を借りて厚く御礼申し上げます。

http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-193.html

2014年12月03日 (水) | 編集 |
私は、3年前から写真販売サイト「PIXTA」(ピクスタ)にクリエーター登録をして、
写真と筆文字素材を提供している。(知ってるって?)

クリーター登録は2009年に済ませていた。
だが、素材の提供はせず、登録しただけで2年間ほったらかしだった。

転機となったのは2011年の東日本大震災。
ショッキングなニュースに触れるうちに、
生きてる間に、少しでも自分の可能性を試してみようと思い始めた。

私だけではない。
身近な人で、なんと50歳を過ぎて明治座の研修生になり、
芝居の世界に飛び込んだ方がいる。(これは極端か?)

ま、そんなことで2011年6月からピクスタで写真販売を始めたわけだ。

スタート当初、登録可能枚数は1週間に5枚だった。(少なっ!)
しかしこれは審査に出せる枚数。
ピントが甘い、ぶれているなどの理由で、2枚がボツになり採用は3枚だった。(更に少なっ!)

週刊誌やテレビで「主婦が写真でお小遣い稼ぎ。月に20万円も!」という
記事や番組を目にすることがあるだろう。
はっきり言おう…。



そんな甘いもんちゃう!



やってる私が言うのだから間違いない。
売る努力をせな売れまへん。(なぜか関西弁。)

初めてピクスタで売れたのは2011年の11月。
スタートから5カ月かかった。
統計によると、平均92枚登録して、1枚目が出るらしい。
その後、2年目から写真だけだなく年賀状の筆文字素材を提供するようになり、
ポツポツと売れ、クリエーターランキングも上がってきた。

最初はランク外だった。それが12000番になり、5000番、4000番。
現在14万人のクリエーター中、3桁内に入った。(スゴイ!と、自画自賛)
といっても、これだけで食えるまでにはほど遠い。
獲得ポイントなど、屁みたいなもんである。

少し売れ、高品質の作品が提供できるようになると、
登録可能枚数も増えるしくみになっている。(うまいこと出来ている。)
1週間に5枚だったのが、1カ月30枚、50枚と上昇した。
ここ2年ほど1カ月50枚だったが、




12月からとうとう1カ月300枚に増えた!





ひと言いいだろうか…。




そんなに作品、作れるか〜!!
責任者出てこ〜い!!


300.jpg

http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-189.html

2014年07月05日 (土) | 編集 |
私のブログは、書道と京都と写真がテーマになっている。(一応)
だが、写真はあまりにもヘタなので、自然とメインからはずれてしまっていた。
ネット上には、上手な方があふれている。
恥ずかしくて、出せないのだ。

でも、ちょっと勇気をふり絞って(また、大袈裟な。)今回は写真をアップしてみた。

実は先日、地元に出来た「茶蔵(ちゃくら)」という、
日本茶・紅茶・ハーブティーを販売するショップの撮影を頼まれた。
(プロでもない私で申し訳ないのだが…。)

仲のいいご夫婦が5月にオープンさせた外観も可愛いお店だ。
ご主人を少し存じ上げているご縁もあって、広告用撮影を引き受けた。



そこで撮った1枚が上の写真。
(出来のいいのはお渡しして、それ以外は許可をいただいてPIXTAへ。)

自分でも「夏らしいアイスティーの写真が撮れたなぁ」と妙に納得した。
(こんなことめったにない。)
それで、ちょっとアップしてみた。
撮影後、飲ませていただいたが「さわやか〜」。
たてつづけに2杯、飲んだ私だ。

忘れていた。許可をいただいた代わりに「PRをよろしく」と言われていた。
店内でのイートインも可。

<お茶とハーブの店 茶蔵(ちゃくら)>
〒914-0814 福井県敦賀市木崎51-38-1
TEL 080−8695−2645
営業時間 10:00~19:00 (不定休)
http://shop-chakura.com/
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-149.html

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。