趣味の書道・京都・写真をつれづれなるままに
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/?overture" target="_new

2015年06月08日 (月) | 編集 |
私はさる6月1日、京都へ出掛けた。
高桐院の青もみじをカメラに収め、更に句集を買うためだ。

なぜ句集?
それは、書道の漢字仮名まじり作品を書くのに必要アイテムなのだ。
地元の本屋を回ったが、山頭火や尾崎放哉の全句集がなかった。
そこで京都で探すことにしたわけだ。(いつも説明が長いな。)

いつものように京都駅。この日は暑かった。
目の前のバスターミナルから市バスで高桐院へ約40分。
IMG_2526.jpg


船岡山で下車して高桐院へ向かう途中、今宮神社へ寄り道。
ここには瓦を埋め込んだ土壁が続く。

IMG_2527.jpg



今宮神社と言えば、参道のあぶりもちで有名どす。
道を挟んで2軒が向かい合っている。
甘塩っぱい白味噌のタレがたまらない。
今回朝早かったので、まだ開店前だったが、開いていたら100%食べたと思う。

IMG_2528.jpg

IMG_2529.jpg

IMG_2530.jpg


つづいてお目当ての高桐院。今宮神社からほど近い。
徒歩7、8分ほどだ。
青もみじと石畳がお出迎え。木漏れ日が初夏らしい。
IMG_2531.jpg

こちらは庭。秋には紅葉で覆われる。今は修学旅行生が多い。

IMG_2533.jpg


高桐院をあとにして、市バスで北大路まで行き、地下鉄に乗り換え、
四条河原町へ。
四条通は、歩道の拡幅工事の真っ最中。
われわれ観光客には歩きやすくなったが、車線が半分になり、
渋滞が起きやすくなったため、京都市民には不評らしい。

IMG_2538.jpg


ジュンク堂で、句集を手に入れた。(目的達成!)
さらに、師匠おすすめの漢字仮名まじり書の書籍も購入。

IMG_2549.jpg

IMG_2541.jpg


さて、最後はお土産。
向かったのは駅ビルの名菓どころ。
ここで季節限定の夏柑糖を買った。
夏みかんをくりぬき、
中の実をジュースにしてまた夏みかんに戻して冷やし固めた和菓子。
京都の和菓子の老舗・老松の逸品だ。
これをいただかねば、夏は来ない。

IMG_2539.jpg

今回も歩いた。
最近、市美展と社中展の作品も書いていて、
中腰の姿勢が多い。
そこへ来て歩いたので、足腰に…。
歳だ…。


http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-221.html
スポンサーサイト

2014年05月30日 (金) | 編集 |
ニッポンはおかしい!5月だというのに真夏日を記録するなんて…。
今日(5月30日)は暑い日だった。

私は、灼熱の京都(ちょっと盛った。)へ、青もみじの写真を撮りにいった。
ついでに書道の紙も買ってきた。(泣けるほど高かった。)

IMG_0804.jpg

最初に訪れたのは、芸能人が人気と運気アップ、はたまた芸の上達を願って訪れる
「車折神社(くるまざきじんじゃ)」だ。別名、芸能神社ともいう。
こちらには、芸能人の方々が奉納された朱の「玉垣」が並んでいる。
それには、ご本人のお名前が書かれている。

IMG_5846.jpg

ぱっと見ただけで有名人がわんさかだ。(生まれが昭和なので表現が古くて申し訳ない。)
観月ありさ、米倉涼子、手越祐也、五木ひろし、里見浩太朗などなどなど…。
私は読み進むうちに、胃から酸っぱいものがこみ上げてくるようでクラクラしてきた。
(じゃあ、なんでそんなトコに行ったんだ!)

一方、修学旅行の中学生たちは手越君の名前を見つけて「キャーキャー」はしゃいでいた。

1番の目的地「鹿王院(ろくおういん)」が9時から開くので、
私は時間つぶしに寄ったのだ。
「せめて青もみじを…」と探すが、絵にならない。
地獄のラビリンス(迷宮)に迷い込んだ気分だった。
(バチ当たるかな?お賽銭もあげて来なかったし。)

IMG_0809.jpg

私が利用した嵐電。慌てて撮ったので一部しか写ってないが、
レトロな外観で、車内も昔のいい雰囲気だ。

車折神社から歩いて7、8分の鹿王院を目指す。
近所の主婦の方に尋ねる。
「鹿王院?いと簡単よ」と教えてくれる。(さすが、関西のおばちゃんだ。)

IMG_0806.jpg

あと1分!近い!

IMG_5864.jpg

石畳を覆う青もみじ!(これだ!)この先に鹿王院が!

IMG_0808.jpg

とうとう、山門だ!これをくぐった先に…。





つづく…






http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-134.html

2014年05月18日 (日) | 編集 |
5月15日の「葵祭」に行きそびれた私は、少々ブルーな気分に沈んだ。
(ああ、祭りの華「斎王代」の写真が撮りたかった。)
当日は曇りがちで残念な天気ではあったが、
無事に終わったようだ。良かった。

社中展の準備も進んで、21日の搬入を待つまでにこぎ着けた。(順調だ!)
だが、市民美術展の作品は出来ていない。(ダークブルーだ…。)

そこで、気分転換に京都へ行こうかと思う…。(現実逃避!)
創作には充電が必要なのである。(苦しい言い訳だ。)

というわけで、近所の図書館で旅のスケジュールを立てた。
ふと隣を見ると男子高校生が、懸命に問題集を解いている。
私も勉強するフリをして眉間にシワを寄せて旅の予定を考えた。(周りを気にするタイプだ。)

旅のテーマは「青もみじ」。
車折神社、鹿王院、無鄰庵の三カ所を回って写真を撮る。
このうち、車折神社と鹿王院は初めて訪れる場所だ。

車折神社は芸能神社として有名で、芸能人が成功を祈願して訪れる。
鹿王院は紅葉の名所で知られている。

計画にはiphoneのアプリ「歩くまち京都」を使った。
京都を旅する方に、これはホントにオススメだ!
出発地と目的地、出発時刻を入力すると、
目的地までの交通ルート(JR、地下鉄、市バス、私鉄など込み)と
所要時間、料金まではじき出してくれる。
しかも、ルートも数本提示。私は手放せなくなった。

で、「歩くまち京都」を基に立てた計画がこれだ。

IMG_0761.jpg

電車の乗車時間が13分とか、徒歩2分とか書いてあるが、
これも「歩くまち京都」で教えてくれる。
おまけに、電車の「前寄り」に乗るようアドバイスまで。

さて、「青もみじ」のほかにもう一つ行きたいところがある。
最近、祗園にオープンした「マールブランシュ加加阿365祗園店」だ。
洋菓子のマールブランシュがチョコレートに特化してつくった店。
町家を改装して4月26日にオープンしたばかりだ。

美味しん…あっ、いや違う。“食いしん坊”の私だ。(時期的に危ない。)
行ってみたいと思うが、時間が許すかどうかだ。
(スレスレだったか…。時事問題もホリ込んで笑いを拾いにいってみた。)

<マールブランシュ加加阿365祇園店>http://www.malebranche.co.jp/shop/cacao365.php

京都市東山区祇園町南側570-150
TEL:075-551-6060 FAX:075-541-3399
営業時間:10:00 - 18:00 休業日:不定休


http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-129.html

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。