趣味の書道・京都・写真をつれづれなるままに
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/?overture" target="_new

2016年03月10日 (木) | 編集 |
11254.jpg

私は、これはマジで行こうと思っている。

大徳寺聚光院で狩野永徳の障壁画(国宝)の公開が始まった。
来年3月まで、1年間公開される。
今年の春の京都旅行におすすめしたい。

公開される障壁画は修復に出されていたもので、
京都国立博物館から大徳寺聚光院に里帰りした。
また、今年が創建450年を迎える事も記念して特別公開となった。

公開されるのは以下のもの。

○本堂(重文)
○狩野永徳筆『花鳥図』『琴棋書画図』(共に国宝)
○狩野松栄筆『蓮池藻魚図』『瀟湘八景図』『竹虎遊猿図』(共に国宝)
○方丈(本堂)庭園「百積の庭」(名勝)
○茶室「閑隠席」「枡床席」(共に重文)
○千住博画伯筆 障壁画『滝』

ただし、いろいろ注意が必要だ。
まず、拝観休止日がある。HPで確認の上、出掛けてほしい。
さらに、予約優先となっている。
HPで予約状況(予約カレンダー)を調べて申し込みすること。

拝観料もちと高くて2,000円。
まあ、障壁画だけではないので、仕方ないかもしれん。

お昼は、大徳寺のすぐ近く、紫野和久傳 大徳寺店がおすすめだ。
京料理の名店だが、2階でリーズナブルな蕎麦がいただける。

<紫野和久傳 大徳寺店>
〒603-8214
京都市北区紫野雲林院町28
TEL.075-495-6161 FAX.075-495-6163
営業時間
11時30分~20時(L.O.)
定休日
木曜定休

私は、4月の桜のシーズンに行こうかと考えている。

最後に 言っておくが「狩野永徳」だから。




「狩野英孝」ではないから。
(ここで笑わなもう笑うとこないよ。 by 酒井くにお・とおる)

これはちょっと前、話題になったゲス芸人だから間違えないように。
(間違えるワケないか…。)

<大徳寺の詳しい情報と拝観の予約はこちら>
大徳寺聚光院
http://kyotoshunju.com/?temple=daitokuji-jukoin


http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-249.html
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。