趣味の書道・京都・写真をつれづれなるままに
2014年11月23日 (日) | 編集 |
健さんの訃報から、未だに立ち直れないでいる私だ。(それだけ好きだった。)
追悼番組をチェックし、映画も見ている。
今日は遺作になった「あなたへ」を見ねば。

同作で、ビートたけし(以下たけし)が、
27年ぶりに健さんと共演して話題になった。
初共演はお隣の福井県美浜町を舞台にした「夜叉」である。

1985年のことだ。

ロケ地に選ばれたのは、
「漁師町の雰囲気がこれほど残っている場所は全国探しても珍しい」という
理由だったと記憶している。
確か、雪の多い年で、
美浜町はもとよりわが町・敦賀市でも雪の中で撮影が行われたらしい。

敦賀駅では、妻役の田中裕子が夫役のたけしを迎えるシーンが撮られた。
バックには「つるが~、つるが~」という構内アナウンスが流れている。
引き込み線のあった敦賀港でも、線路を映し込んで撮影されたようだ。

昨日TBSのニュースキャスターで、たけしが、健さんとの初対面を語っていた。
それによると、「夜叉」撮影のため夜遅く福井入りした際、
雪の降る駅のホームで健さんが花束を抱えて待っていたという。
「高倉です。ぼくの映画に出てくださって、ありがとうございます」と、
初対面で大スターにあいさつされ、ハートを掴まれたようだ。

さて、私が気になったのは、
たけしと健さんが「初対面を果たした駅のホームがどこか」だ。
たぶん、これはわが町・敦賀のJR敦賀駅だと思う。

福井入りと言っても、たけしが敦賀をやり過ごして福井駅まで行く必要はない。
健さんらキャスト、スタッフは当時、先行して美浜町のホテルに滞在していた。
美浜町に行くには、敦賀駅で小浜線に乗り換え、美浜駅で降りる方法がある。

しかし、小浜線は本数の少ないローカル線で、
たけしが夜遅く敦賀駅に到着して小浜線に乗り換えたとは考えにくい。
そんな遅くまで、小浜線は走っていないはずだ。

となると、敦賀駅で降り、健さんの出迎えを受け、
スタッフが用意した車で美浜町入りしたと考えるのが自然だ。

健さんとたけしが初対面を果たしたのが、敦賀駅。
そんなことを考えると嬉しくなった。
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-187.html
スポンサーサイト

2014年11月19日 (水) | 編集 |
久しぶりに胸にポッカリと穴が開いた。
この寂寥感は、こたえる。
昨日、俳優・高倉健さんの訃報を聞いた。

大好きなスターだった。

私の尊敬する役者のマイケル・ケインはこんな事を言っている。
「スターは役を自分に引き寄せ、役者は役に歩み寄る」

マイケル・ケインは千変万化。いわば後者の「役者」だ。
一方の健さんは「スター」だったと思う。
基本、私は役によって全く違う表情を見せる「役者」が好きで、
いつも同じような演技の「スター」は嫌いだ。

しかし、健さんだけは別格だ。大好きだった。
あの存在感、にじみ出る優しさ、自分への厳しさ等がたまらなかった。

あんな俳優はいない。
アマチュア劇団で、10年役者をしていた私が言うのだから間違いない。
(大した根拠ではないが…。)

実は、健さんとわが町、敦賀市はご縁がある。
1985年、健さん主演の映画「夜叉」のロケが行われたのだ。
雪が降る敦賀駅や港で撮影された。
1カ月ほど、隣の美浜町に滞在して、ロケのない日などは時折、
わが町の人気のラーメン屋に来られたとか。
ホントに評判通りの気さくな人柄で、
写真撮影にも気軽に応じてくださったと聞く。

銀幕で活躍する姿をまだまだ見たかった。
あと、しばらくは見せてくれると思っていたのに…。

健さんは酒は飲まず、コーヒーが好きだったと聞く。
私の属するFBの書道グープの今日のお題が、たまたま「熱い珈琲」だった。
健さんを偲んで書いてみた。
柿渋で優しく。

IMG_1712.jpg


ご冥福を心からお祈りいたします。

http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-186.html

2014年07月05日 (土) | 編集 |
私のブログは、書道と京都と写真がテーマになっている。(一応)
だが、写真はあまりにもヘタなので、自然とメインからはずれてしまっていた。
ネット上には、上手な方があふれている。
恥ずかしくて、出せないのだ。

でも、ちょっと勇気をふり絞って(また、大袈裟な。)今回は写真をアップしてみた。

実は先日、地元に出来た「茶蔵(ちゃくら)」という、
日本茶・紅茶・ハーブティーを販売するショップの撮影を頼まれた。
(プロでもない私で申し訳ないのだが…。)

仲のいいご夫婦が5月にオープンさせた外観も可愛いお店だ。
ご主人を少し存じ上げているご縁もあって、広告用撮影を引き受けた。



そこで撮った1枚が上の写真。
(出来のいいのはお渡しして、それ以外は許可をいただいてPIXTAへ。)

自分でも「夏らしいアイスティーの写真が撮れたなぁ」と妙に納得した。
(こんなことめったにない。)
それで、ちょっとアップしてみた。
撮影後、飲ませていただいたが「さわやか〜」。
たてつづけに2杯、飲んだ私だ。

忘れていた。許可をいただいた代わりに「PRをよろしく」と言われていた。
店内でのイートインも可。

<お茶とハーブの店 茶蔵(ちゃくら)>
〒914-0814 福井県敦賀市木崎51-38-1
TEL 080−8695−2645
営業時間 10:00~19:00 (不定休)
http://shop-chakura.com/
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-149.html

2014年06月18日 (水) | 編集 |
昨日、地元の(もうバレてると思うが敦賀市の)市民美術展出品作が完成した。
正式に完成ではないが、
先生からOKをいただいて、印を押すことができた。
その作品がこれだ。

IMG_0906.jpg

「萬古清風(ばんこせいふう)」
「はるか昔から清らかな風が変わらずに吹いてくる」という、
中国・唐時代の漢詩の一節らしい。
東洋美術史学者で歌人、書家としても知られる會津八一(1881~1956年)も書いた。
(私は會津八一には遠くおよばないが。)

意味はいろいろあるようだ。人によっても違う。

こういう人がいる。
「古来より伝承されている日本の文化伝統を永遠に継続していく」こと。
なるほど、納得だ。

こんな意味もあるそうだ。
「清らかな風が吹く平和な世の中がずっと続くように…」

私の大好きな祇園祭が近づいてきた。今年は大転換の年。
山鉾巡行を2回に分けて行う祭り本来の姿に戻る。
それは、古来からの良き日本文化の継続に他ならない。

一方で、わが国は近隣諸国とトラブルを抱え、
集団的自衛権の行使に踏み出す。
国民に平和への不安を与えつつ…。

で、私がどんな思いで書いたかは横に置いといて。(意外と考えてない。)
見た方がそれぞれに意味を考えていただければ結構だ。


IMG_0910.jpg

さらに昨日、第66回毎日書道展入選のお知らせが届いた。
これで7回目の入選だ。

毎年、ここまでは来る。この先だ。この先に進めない。
佳作とか、秀作の賞に入れないのだ。
入ると、東京で授賞式に出席でき、作品集に作品が載る。
そこが目標だけど、今年もダメだろうな。(あっさり。)

全然、自信ないもん。
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-141.html