趣味の書道・京都・写真をつれづれなるままに
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/?overture" target="_new

2014年06月13日 (金) | 編集 |

 
私が京都を訪ねると、毎回目にしているランドマークが、
「ろうそく」の愛称でも知られる京都タワーだ。
青空を背景にそびえ立つ姿は確かに「和蠟燭」を思わせる。

1964年の完成。ビルを含めた高さは131メートルある。
もちろん、京都で最も高い建造物だ。

ところで、この京都タワーの地下に大浴場があるのをご存知だろうか。
私は2度ほど利用したことがある。(ふふっ優越感。)
紅葉狩りで歩き疲れ、帰宅前に疲れを癒すなどした。

朝7時から午後8時半まで、営業時間が長いのが助かる。
夜行バスで京都入りして、
「朝風呂でひと息ついてから京都観光を」なんてことができるのだ。
料金は大人750円、2歳以上小学生以下が450円。
料金にはタオル、石けん、
シャンプー、リンス、化粧品、
ドライヤーの利用込みだ!(太っ腹!)

さらに、
京都タワーHPのトップにある
「お得なクーポン」を利用すると、
料金は50円引きになる!

ところで、私は今から9年前、京都タワーの展望室に上った。
エレベーターが開いて、外の景色を見た瞬間、床がグラリと傾いた。
地震ではない。

高所恐怖症だ。

「130メートルぐらい大丈夫だろう」と思ったら、甘かった。
全身の毛穴から「ドバッ」と脂汗が吹き出てきた!立っていられないほど怖い。

丸い展望室のガラスにへばりつき、ヘラヘラしている若いカップルたちを引きはがし、
タワーの中心に集めて倒壊を防ぎたい衝動に駆られた。(マジで!)

「もうあかん!ここにいたら死ぬ!」

パニくった私は展望室から脱出を図ろうとして、
階段を降りかけ(帰りは階段でしか降りられない)再び絶望的になった。

階段の下、透明やん…。地上が見えてるよ…。

私はとっさに携帯を取り出した。何をしようとしたか?


レスキュー隊を呼ぼうと思ったのだ。(マジで!)

でも、さすがにそれはやめた。その時、ふと脳裏に新聞記事が浮かんだからだ。

「前代未聞!京都タワー降りられず119番通報」
「人」としてギリギリ踏みとどまった。死ぬ気で階段を降りた。

あれから、京都タワーには近づいていない。
私が展望室に滞在したのは2分もないと思う。(ギネス記録かもしれん。)

本当は、京都タワーから晴れた京都の町や夜景をカメラに収めたいと思う。
しかし、それが出来ない。(私の夢!)

私は今も、京都タワーを下から眺めている。
最後にひと言、「階段の下をスケルトンに設計したの誰?」。


<京都タワー>http://www.kyoto-tower.co.jp/kyototower/index.html
〒600-8216
京都府京都市下京区烏丸通七条下る東塩小路町721-1
075-361-3215



http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-140.html
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。