趣味の書道・京都・写真をつれづれなるままに
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://syogyomjoan.blog.fc2.com/?overture" target="_new

2014年08月08日 (金) | 編集 |
「まあ、皆さん聞いてください」(人生幸朗師匠のマネで…。)

しまった!また外した…。間違いなく外した…。大やけどだ。
これがウケるのは50代以上の関西人だろう。
あまりにもマイノリティー(少数派)を狙いすぎた。(なぜそこを狙う。)

昨日(8月7日)、私は京都へ恒例の写経をしに、
また同時に毎日書道展を見に出掛けた。

朝9時過ぎ、泉涌寺入り口に到着。
ここから20分ほど長い坂を上った運龍院へ向かう。
日本最古の写経道場で、朝9時からいつでも飛び込みで写経をさせてくれる。
お抹茶とお菓子がついて1500円だ。私は今年で5回目になる。
(もう5年か。早いなぁ〜。)

IMG_1204.jpg


この長い坂を登った。(帰り道、下り坂で撮影)
昨日は曇りが多く、例年に比べ涼しく感じた。

IMG_1220.jpg


私にとっては「命の水」、サントリーの「ダカラ」。
これを飲みながら一歩一歩、進む。

IMG_1209.jpg


今年も来ることができた。雲龍院。京都らしい風景。
ここ雲龍院はサスペンスの女王・山村美紗の菩提寺でもある。

IMG_1213.jpg


玄関。奥には龍の屏風絵が。
家人を呼ぶのに木の板を木槌で叩く。

IMG_1215.jpg


本堂に招かれ、香で手を清め、口に丁字(ちょうじ)を含み、
洒水(しゃすい)を頭にふりかけてもらい、始める。
本格的なものだ。

IMG_1216.jpg

お寺の本堂は本当に涼しい。聞こえてくるのは蝉の声だけ。
いかにも京都なドラマチックな雰囲気に酔いしれ、気分はすっかり修行僧だ。

とはいうものの、私はかつてこの本堂で「グゥ〜、キュウ〜」とまぬけにも腹の虫を響かせてしまい、
他の参加者の失笑を買った事がある。だが、今年は私一人。安心だ。(何が?)

約1時間の写経を終えると、なぜか不思議に気分が晴れ晴れする。
別室で抹茶とお菓子をいただく。
お菓子は夏にふさわしい葛饅頭。表面がデコボコしていて面白い。
これはマジで旨かった。笹の香りがした。

IMG_1217.jpg

IMG_1218.jpg

この後、昼飯を食べ、京都市美術館へ毎日書道展を見に行った。
憧れの人とも偶然出会ったのだが、一方でとんでもない失敗をしてしまった。

つづく


http://syogyomjoan.blog.fc2.com/blog-entry-161.html
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。